>   論語   >   憲問第十四   >   47

憲問第十四 47 闕黨童子將命章

379(14-47)
闕黨童子將命。或問之曰。益者與。子曰。吾見其居於位也。見其與先生並行也。非求益者也。欲速成者也。
闕党けっとうどうめいおこなう。あるひとこれいていわく、えきするものか。いわく、われくらいるをる。先生せんせいならくをる。えきもとむるものあらざるなり。すみやかにらんとほっするものなり。
現代語訳
  • 闕(ケツ)村出の少年が取りつぎ役をしている。だれかがそれについてきく。――「よくできる子ですか。」先生 ――「あれは一人まえの席にかけていましたよ。先輩と肩をならべて歩いていたんです。勉強するたちじゃない。はやくおとなになりたいんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • けつという村の出身だった一少年が、先師の家で取次役をさせられていた。そこである人が、先師にたずねた。――
    「あの少年もよほど学問が上達したと見えますね」
    先師はこたえられた。――
    「いやそうではありません。私はあの少年がおとなの坐る席に坐っていたのを見ましたし、また先輩と肩をならべて歩くのを見ました。あの少年は学問の上達を求めているのでなく、早くおとなになりたがっているのです。それで実は取次でもやらして、仕込んでみたいと存じまして……」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 闕党 … 村の名。「党」は五百戸の村のこと。
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 将命 … 命令を受けて来客の取り次ぎをする。
補説
  • 将命 … 『義疏』では「将命矣」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十