>   論語   >   憲問第十四   >   46

憲問第十四 46 原壤夷俟章

378(14-46)
原壤夷俟。子曰。幼而不孫弟。長而無述焉。老而不死。是爲賊。以杖叩其脛。
げんじょうしてつ。いわく、ようにして孫弟そんていならず、ちょうじてぶることく、いてせず。これぞくすと。つえもっすねたたく。
現代語訳
  • 原壌(ゲンジョウ)は、うずくまったまま人に会う。先生 ――「ちいさいころからなま意気で、大きくなっても取りえがなく、年をとっても死なずにいる。こんなのが社会の敵だ。」と、ツエでスネをひっぱたいた。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • げんじょうが、両膝をだき、うずくまったままで、先師が近づかれるのを待っていた。先師はいわれた。――
    「お前は、子供のころには目上の人に対する道をわきまえず、大人おとなになっても何ひとつよいことをせず、その年になってまだ生をむさぼっているが、お前のような人間こそ世の中の賊だ」
    そういって、杖で彼のすねをたたかれた。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 原壌 … 孔子の幼なじみ。魯の人。
  • 夷 … しゃがむ。
  • 俟 … 待つ。
  • 述 … 称述。ほめていう。
補説
  • 孫弟 … 『義疏』では「遜悌」に作る。
  • 述 … 宮崎市定は「恐らく怵の假借であろう」とし、「おそるるところなく」と読み、「遠慮會釈することを知らず」と訳している。詳しくは『論語の新研究』145頁参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十