>   論語   >   憲問第十四   >   44

憲問第十四 44 子曰上好禮章

376(14-44)
子曰。上好禮。則民易使也。
わく、かみれいこのめば、すなわたみ使つかやすし。
現代語訳
  • 先生 ――「上の人に規律があれば、人民も使いやすくなる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「上に立つせいしゃが礼を好んで民にのぞめば、人民もその風に化せられて礼を好むに至り、上下の分が定まって、とうしやすくなるものぞ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「為政者が礼を好むと、人民はこころよく義務をつくすようになる」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 上 … 為政者のこと。
  • 礼 … 上下の区別など、伝統的な制度や社会生活上の慣習。
  • 民 … 人民。
余説
  • 『集注』に引く謝良佐の注には「礼達して分定まる。故に民使い易し」(禮達而分定。故民易使)とある。
  • 荻生徂徠は「孔子つねいにしえを好む、学を好む、徳を好む、仁を好む、礼を好む、義を好むと曰いて、知を好むの教え無し。故に知る仁義礼智は、孔子の時の無き所なることを。蓋し礼・義なる者は道なり。道なる者は古の道なり。学とは之を学ぶなり。徳なる者は有徳の人なり。仁なる者は仁徳なり。其の好む所をて、孔子の心知るべし」(孔子毎曰好古好學好徳好仁好禮好義。而無好知之教。故知仁義禮智。孔子時所無也。蓋禮義者道也。道者古之道也。學者學之也。徳者有徳之人也。仁者は仁徳也。觀其所好。而孔子之心可知矣)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十