>   論語   >   泰伯第八   >   9

泰伯第八 9 子曰民可使由之章

193(08-09)
子曰。民可使由之。不可使知之。
いわく、たみこれらしむべし。これらしむべからず。
現代語訳
  • 先生 ――「人民に信頼はさせても、理解はさせにくい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「民衆というものは、範を示してそれによらせることはできるが、道理を示してそれを理解させることはむずかしいものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 民 … 人民。一般大衆。
  • 之 … 政治の内容。政府の方針。政策。安井息軒は「之の字は政教を指す」(之字指政教)といっている(論語集説)。
  • 由 … 従わせる。
  • 可 … 「~べし」と読み、「~できる」と訳す。可能の意を示す。
  • 知 … 理解させる。
余説
  • この章は以前から「民には何も知らせてはならない、命令によって従わせればよい」と誤って解釈されてきたところである。「可、不可」は「できる、できない」の意。宮崎市定は「大衆からは、その政治に対する信頼をちえることはできるが、そのひとりひとりに政治の内容を知って貰うことはむつかしい」と訳している(論語の新研究)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十