>   論語   >   子路第十三   >   9

子路第十三 9 子適衛章

311(13-09)
子適衛。冉有僕。子曰、庶矣哉。冉有曰、既庶矣。又何加焉。曰、富之。曰、既富矣。又何加焉。曰、教之。
えいく。冉有ぜんゆうぼくたり。いわく、おおきかな。冉有ぜんゆういわく、すでおおし。またなにをかくわえん。いわく、これまさん。いわく、すでめり。またなにをかくわえん。いわく、これおしえん。
現代語訳
  • 先生が衛の国にゆき、冉(ゼン)有が馬車をやる。先生 ――「人が多いなあ。」冉有 ―― 「多くなったら、あとはどうします…。」 ―― 「ゆたかにする。」 ―― 「ゆたかになったら、あとはどうします…。」 ―― 「教育する。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が衛に行かれた時、冉有がお供をして馬車を御していた。先師はいわれた。――
    「この国の人口は大したものだ」
    すると再有がたずねた。――
    「これだけ人が集れば結構でございますが、この上は、どういうことに力を注ぐべきでございましょう」
    先師――
    「経済生活をゆたかにしてやりたいね」
    冉有――
    「もし経済生活がゆたかになりましたら、その次には?」
    先師――
    「文教を盛んにすることだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 冉有 … 姓はぜん、名は求。あざなは子有。孔門十哲のひとり。孔子より二十九歳年少。政治的才能があった。冉求、冉子とも。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 僕 … 御者。
補説
  • 冉有僕 … 『義疏』では「冉子僕」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十