>   論語   >   憲問第十四   >   45

憲問第十四 45 子路問君子章

377(14-45)
子路問君子。子曰。脩己以敬。曰。如斯而已乎。曰。脩己以安人。曰。如斯而已乎。曰。脩己以安百姓。脩己以安百姓。堯舜其猶病諸。
子路しろくんう。いわく、おのれおさめてもっけいす。いわく、かくのごときのみか。いわく、おのれおさめてもっひとやすんず。いわく、かくのごときのみか。いわく、おのれおさめてもっひゃくせいやすんず。おのれおさめてもっひゃくせいやすんずるは、堯舜ぎょうしゅんこれめり。
現代語訳
  • 子路が人物になる道をきく。先生 ――「よく気をつけて修養すること。」――「それだけでいいですか。」――「修養して人のためにつくす。」――「それだけでいいですか。」――「修養して人民に楽をさせる。修養して人民を楽にするのは、堯(ギョウ)・舜(シュン)さまでもなやまれたことだろう。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路が君子の道をたずねた。先師がこたえられた。――
    「大事に大事に細心な注意をはらって、自分の身を修めるがいい」
    子路――
    「それだけのことでございますか」
    先師――
    「自分の身を修めて人を安んずるのだ」
    子路――
    「それだけのことでございますか」
    先師――
    「自分の身を修めて天下万民を安んずるのだ。天下万民を安んずるのは、堯舜のような聖天子も心をなやまされたことなのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 脩己 … 「脩」は「修」と通用す。自己を修養する。
  • 以敬 … 「以」は「而」に同じ。「敬」は慎み深くする。
  • 如斯而已乎 … 「かくのごときのみか」と読み、「ただこれだけか」と訳す。「而已」は「のみ」と読む。「斯」は「脩己以敬」を指す。
  • 安人 … 自分の関係のある人々を安心させる。
  • 百姓 … 「ひゃくせい」と読む。多くの人民。
  • 堯 … 古代の伝説上の聖天子。名は放勲。舜を後継者として皇帝の位を譲った。ウィキペディア【】参照。
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。姓はよう。虞に国を建てたので虞舜、または有虞氏と呼ばれる。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
  • 其猶病諸 … 「これに苦労されたのだ」と訳す。「其」は強調。「~でさえもやはり」と訳す。「病」は困難とする。悩みとする。「諸」は「脩己以安百姓」を指す。
  • 諸 … 「これ」と読む。本来は「之於しお」の二字をあわせて一字にしたもの。
補説
  • 脩己以安百姓。脩己以安百姓 … 宮崎市定は「脩己以安百姓の句が二回繰返されるが、初の句は上を受けて、子路の質問に直接答え、次の句は自分の言った言葉に対する補足的説明の為であって下へ続くから、両者の語気が全く違わなければならない」と言い、初めの句に「焉」の字を補って「脩己以安百姓焉」としている。詳しくは『論語の新研究』323頁参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十