>   論語   >   憲問第十四   >   24

憲問第十四 24 子曰君子上達章

356(14-24)
子曰。君子上達。小人下達。
いわく、くんじょうたつし、しょうじんたつす。
現代語訳
  • 先生 ――「人物は上へ上へとのぼり、俗物は下へ下へと落ちる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は上へ上へと進む。小人は下へ下へと進む」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子 … 徳の高い立派な人。人格者。反対はしょうじん
  • 上達 … 「達」は到達の意。徳や道理を知り、高遠な問題が分かるようになる。
  • 小人 … 教養がなく、人格が低くてつまらない人。反対は君子。
  • 下達 … つまらない事柄、手近なことについて詳しくなる。
補説
  • この章について、荻生徂徠は従来の解釈をすべて否定し、「けだし君子の君に通ずるは礼を以てす。故に上達と曰う。小人は則ち君に通ずるの礼無し。故に私通す。之を下達と謂う」(蓋君子之通於君以禮。故曰上達。小人則無通於君之禮。故に私通。謂之下達)といい、礼をもっての仕進の問題であるという異説を唱えている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十