>   論語   >   憲問第十四   >   22

憲問第十四 22 陳成子弑簡公章

354(14-22)
陳成子弑簡公。孔子沐浴而朝。告於哀公曰。陳恆弑其君。請討之。公曰。告夫三子。孔子曰。以吾從大夫之後。不敢不告也。君曰。告夫三子者。之三子告。不可。孔子曰。以吾從大夫之後。不敢不告也。
ちんせい簡公かんこうしいす。こう沐浴もくよくしてちょうし、哀公あいこうげていわく、陳恒ちんこうきみしいす。これたん。こういわく、さんげよ。こういわく、われたいしりえしたがうをもって、えてげずんばあらざるなり。きみいわく、さんしゃげよと。さんきてぐ。かれず。こういわく、われたいしりえしたがうをもって、えてげずんばあらざるなりと。
現代語訳
  • (斉の家老)陳成さんが斉の簡(殿)さまを殺した。孔先生は身を清めて御殿にゆき、哀(殿)さまに申しあげる、「陳恒(コウ)が主君を殺しました。お討ちとりねがいます。」殿さま ――「あの三家老にいうがよい。」孔先生(あとで)――「わしも家老のはしくれゆえ、申しあげずにおれないのじゃが…。殿は『あの三家老にいえ』とおっしゃる。」三家老をたずねて伝えたが、きいてくれない。孔先生 ――「わしも家老のはしくれゆえ、いわずにはおれないのじゃが…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 斉の大夫ちんせいがその君簡公かんこうを弑した。先師は斎戒沐浴して身をきよめ、参内して哀公に言上された。――
    「斉の陳恆ちんこうが君を弑しました。ご討伐なさるがよろしいと存じます」
    哀公がいわれた。――
    「まずあの三人に話してみるがいい」
    先師は退出して嘆息しながらいわれた。――
    「自分も大夫の末席につらなっている以上、黙ってはおれないほどの重大事なので、申し上げたのだが、ご決断がつかないとみえて、あの三人に話せとおおせられる。いたしかたもない」
    先師はそういって三家に相談にいかれた。三人は賛成しなかった。先師はまた嘆息していわれた。――
    「自分も大夫の末席につらなっている以上、黙ってはおれないほどの重大事なので、いったのだが、三人とも気にもかからぬとみえる。なんということだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 陳成子 … 斉の大夫。姓は陳、名は恒。成はその諡。
  • 弑 … 臣下が君主を、または子が親を殺すこと。
  • 哀公 … 魯の国の君主。名は蔣。哀はおくりな定公ていこうの子。前494年、孔子五十八歳のときに即位。ウィキペディア【哀公 (魯)】参照。
補説
  • 弑 … 『義疏』では「殺」に作る。
  • 三子 … 『義疏』では「二三子」に作る。
  • 不敢不告也 … 『義疏』に「也」の字なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十