>   論語   >   憲問第十四   >   8

憲問第十四 8 子曰愛之能勿勞乎章

340(14-08)
子曰。愛之能勿勞乎。忠焉能勿誨乎。
いわく、これあいしてはろうすることからんや。ちゅうならば、おしうることからんや。
現代語訳
  • 先生 ――「愛する人を、きたえないでいられようか。まごころがあれば、みちびかないでいられようか。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「人を愛する以上、これに苦労をさせてその人物をきたえないでよかろうか。人に忠実である以上、これを教訓し忠告善導しないでよかろうか。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「人を愛するからには、その人を鍛えないでいられようか。人に忠実であるからには、その人を善導しないでいられようか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 能勿労乎 … 苦労させずにおかれようか。
  • 焉 … ここでは訓読しなかった。ただし、「これに」と訓読するテキストもある。この場合、「焉」はその人を指す。
  • 能勿誨乎 … 教誨せずにおられようか。「誨」は教え諭す。
補説
  • 『集解』に引く孔安国の注に「言うこころは人愛する所有れば、必ず之を労来せんと欲す。忠する所有れば、必ず之に教誨せんと欲す」(言人有所愛、必欲勞來之。有所忠、必欲教誨之)とある。
  • 『集注』に引く蘇軾の注に「愛して労すること勿きは、禽犢きんとくの愛なり。忠にしておしうる勿きは、婦寺の忠なり。愛して之を労することを知れば、則ち其の愛たるや深し。忠にして之をおしうることを知れば、則ち其の忠たるや大なり」(愛而勿勞、禽犢之愛也。忠而勿誨、婦寺之忠也。愛而知勞之、則其爲愛也深矣。忠而知誨之、則其爲忠也大矣)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十