>   論語   >   憲問第十四   >   7

憲問第十四 7 子曰君子而不仁者有矣夫章

339(14-07)
子曰。君子而不仁者有矣夫。未有小人而仁者也。
いわく、くんにしてじんなるものらんか。いましょうじんにしてじんなるものらざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「人物でも人間味のないのは、あるだろうな。だが俗物で人間味のあるのはないさ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子は常に仁を志すが、まだ聖人のごとく円満えんまんそくいきに達してはいないから、時には知らずらずじんおちいる者があるかも知れない。しかし小人は元来が仁に志さぬのだから、仁者であり得るはずがない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「道に志す君子にも不仁なものがないとはいえない。しかし道を求めない小人はすべて不仁だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子・小人 … 一般的に、君子は徳の高い立派な人、小人は人格が低くてつまらない人、の意。
  • 有矣夫 … 「有るかな」「有らんか」と読み、「あることよ」「あるかも知れない」「あるだろうなあ」等と訳す。
  • 矣夫 … 「(なる)かな」と読み、「~だなあ」「~であることよ」と訳す。感嘆の意を示す。「矣」「矣哉」「矣乎」も同じ。
  • 未有~也 … 「いまだ(~は)あらざるなり」と読み、「(~が)まだあったことがない」と訳す。
補説
  • 不仁 … 「仁ならざる」とも訓読する。伊藤仁斎『論語古義』に「君子の仁ならざるは、人を愛するの心有りと雖も、人を愛するの実無しと謂うなり」(君子之不仁、謂雖有愛人之心、而無愛人之實也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「君子と曰うと雖も、猶お未だ備うること能わず」(雖曰君子、猶未能備)とある。
  • 『集注』に引く謝良佐の注に「君子は仁に志す。然れども毫忽ごうこつの間、心ここに在らざれば、則ち未だ不仁たることを免れざるなり」(君子志於仁矣。然毫忽之間、心不在焉、則未免爲不仁也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十