>   論語   >   憲問第十四   >   6

憲問第十四 6 南宮适問於孔子章

338(14-06)
南宮适、問於孔子曰、羿善射、奡盪舟。倶不得其死然。禹稷躬稼而有天下。夫子不答。南宮适出。子曰、君子哉若人、尚徳哉若人。
なんきゅうかつこういていわく、羿げいしゃくし、ごうふねうごかす。ともしかるをず。しょくみずからしててんたもつと。ふうこたえず。なんきゅうかつず。いわく、くんなるかなかくのごとひととくたっとぶかなかくのごとひと
現代語訳
  • 南容が孔先生にたずねる、「むかし羿(ゲイ)王は弓がうまく、奡(ゴウ)力士は船を動かすほどでしたが、どちらも死にかたがよくなかったですね。禹(ウ)王や稷(ショク)は自分でたがやして世をおさめましたが…。」先生は返事をしない。南容がさがったあと、先生 ――「わかった人だよ、あんなのが。目が高いんだよ、あんな人は。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • なんぐうかつが先師にたずねていった。――
    羿げいは弓の名手であり、ごうは大船をゆり動かすほどの大力でありましたが、いずれも非業ひごうの最期をとげました。しかるに、しょくとはみずから耕作に従事して、ついに天子の位にのぼりました。これについての先生のご感想を承りたいと存じます」
    先師はこたえられなかった。しかし、南宮适がその場を去ると、いわれた。
    「あのような人こそ、まことの君子だ。あのような人こそ、まことに徳を尊ぶ人だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 南容适 … 姓はなんきゅう、名はかつ(括)、またとう(韜)。あざなは子容。南容は、南宮子容の略。孔子の門人といわれているが異説もあり、はっきりしない。ウィキペディア【南宮括】参照。
補説
  • 南容适 … 『史記』仲尼弟子列伝に「南宮括、字は子容」(南宮括字子容)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。また『孔子家語』七十二弟子解に「南宮韜はひと、字は子容。智を以て自らまもる。世清くしててられず、世にごるもけがされず。孔子兄の子を以て之にめあわす」(南宮韜魯人、字子容。以智自將。世淸不廢、世濁不汚。孔子以兄子妻之)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『礼記』檀弓上篇に「南宮縚の妻の姑の喪に、夫子之におしえて曰く……」(南宮縚之妻之姑之喪、夫子誨之髽曰……)とある。ウィキソース「禮記/檀弓上」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十