>   論語   >   子路第十三   >   14

子路第十三 14 冉子退朝章

316(13-14)
冉子退朝。子曰。何晏也。對曰。有政。子曰。其事也。如有政。雖不吾以。吾其與聞之。
冉子ぜんしちょうより退しりぞく。わく、なんおそきや。こたえてわく、まつりごとり。わく、ことならん。まつりごとらば、われもちいずといえども、われこれあずかかん。
  • 冉子 … 孔子の門人、冉有。姓はぜん、名はきゅうあざな子有しゆう。魯の人。孔子より29歳若い。孔門十哲のひとり。政治的才能があった。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 下村湖人(1884~1955)は「ぜん先生が役所から退出してこられると、先師がたずねられた。どうしてこんなにおそくなったのかね。冉先生がこたえられた。政治上の相談がひまどりまして。先師がいわれた。いや、そうではあるまい。季氏一家の私事ではなかったかね。もし政治向きのことであれば私にも相談があるはずだ」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十