>   論語   >   子路第十三   >   13

子路第十三 13 子曰苟正其身矣章

315(13-13)
子曰。苟正其身矣。於從政乎何有。不能正其身。如正人何。
わく、いやしくもただしくせば、まつりごとしたがうにいてなにらん。ただしくするあたわずんば、ひとただしくするを如何いかんせん。
  • 苟 … 「いやしくも」と読み、「もし~だったら」「かりに~」と訳す。順接の仮定条件の意を示す。
  • 正其身矣 … 自分の身を正しくさえすれば。「矣」は強調を表す助字。
  • 於従政乎 … 政治を行なうことについて。「乎」は置字。読まない。
  • 何有 … 「なにかあらん」と読む。何の困難があろうか、何の困難もない。反語形。「何の難きことか之れ有らん(何難之有)」を省略した形。
  • 如正人何 … どうして人を正すこと、すなわち、よい政治をすることができようか、できるはずがない。「如~何」は「~をいかんせん」と読み、「~をどうすることができようか、どうすることもできまい」と訳す。反語形。なお、「何如」は「如何」と違い、間に目的語をはさむことはない。宮崎市定は「如政何」に改め、「正人の二字は政一字の誤りか」といっている。詳しくは『論語の新研究』298頁参照。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。もし自分の身を正しくすることができるなら、政治の局に当ってもなんの困難があろう。もし自分の身を正しくすることができないなら、どうして人を正しくすることができよう」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十