>   論語   >   子路第十三   >   13

子路第十三 13 子曰苟正其身矣章

315(13-13)
子曰、苟正其身矣、於從政乎何有。不能正其身、如正人何。
いわく、いやしくもただしくせば、まつりごとしたがうにいてなにらん。ただしくするあたわずんば、ひとただしくするを如何いかんせん。
現代語訳
  • 先生 ――「わが身を正しくさえすれば、政治をするのもわけはない。わが身が正せないようで、なんで他人が正せよう。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「もしも自分の一身を正しくすることができるならば、政治の局に当るなどは何でもないことじゃ。自分の一身すら正しくすることができないで、どうして人を正しくすることができようぞ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「もし自分の身を正しくすることができるなら、政治の局に当ってもなんの困難があろう。もし自分の身を正しくすることができないなら、どうして人を正しくすることができよう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 苟 … 「いやしくも」と読み、「もし~だったら」「かりに~」と訳す。順接の仮定条件の意を示す。
  • 正其身矣 … 自分の身を正しくさえすれば。「矣」は強調を表す助字。
  • 於従政乎 … 政治を行なうことについて。「乎」は置字。読まない。
  • 何有 … 「なにかあらん」と読み、「何の困難があろうか、何の困難もない」と訳す。反語形。「何の難きことか之れ有らん」(何難之有)を省略した形。
  • 如正人何 … どうして人を正すこと、すなわち、よい政治をすることができようか、できるはずがない。「如~何」は「~をいかんせん」と読み、「~をどうすることができようか、どうすることもできまい」と訳す。反語形。なお、「何如」は「如何」と違い、間に目的語をはさむことはない。
補説
  • 『注疏』に「此の章は政とは正すを言うなり」(此章言政者正也)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集解』には、この章の注なし。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集注』には、この章の注なし。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 苟正其身矣、於従政乎何有 … 『義疏』に「苟は、誠なり。言うこころは誠に能く自ら其の身を正さば、則ち政を為すこと難からず。故に何か有らんと云う」(苟、誠也。言誠能自正其身、則爲政不難。故云何有)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『注疏』に「他人を正さんと欲せば、先ず其の身を正すに在るなり。苟は、誠なり。誠に能く自ら其の身を正さば、則ち政に従うに於いて何か有らん。難からざるを言うなり」(欲正他人、在先正其身也。苟、誠也。誠能自正其身、則於從政乎何有。言不難也)とある。
  • 不能正其身、如正人何 … 『義疏』に「其の身正しからざれば、令すと雖も従われず。故に云う、人を正すを如何せん、と。故に江熙云う、政に従う者は、人を正すを以て事と為すなり。身正しからざれば、那ぞ能く人を正さんや、と」(其身不正、雖令不從。故云、如正人何也。故江熙云、從政者、以正人爲事也。身不正、那能正人也)とある。また『注疏』に「若し自ら其の身を正すこと能わずんば、則ち令すと雖も従わず。人を正すを如何せんとは、必ず人を正すこと能わざるを言うなり」(若自不能正其身、則雖令不從。如正人何、言必不能正人也)とある。
  • 如正人何 … 宮崎市定は「政を如何せん」(如政何)に改め、「正人の二字は恐らく政一字の誤りかと思われる。……果して然りとすれば、後半と前半とがよく照應する」と言っている。詳しくは『論語の新研究』298頁参照。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ亦た人を治むるの常道を言う。故に論語を編む者、其の屢〻しばしばあらわして数〻しばしば出づることをいとわざるなり」(此亦言治人之常道。故編論語者、不厭其屢見而數出也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「じょう氏魯曰く、従政と為政と同じからず。為政は是れ人君の事、従政は是れ大夫の事、と。非なり。為政とは政をるを謂うなり」(饒氏魯曰、從政與爲政不同。爲政是人君事、從政是大夫事。非矣。爲政者謂秉政也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十