>   論語   >   子路第十三   >   15

子路第十三 15 定公問一言而可以興邦章

317(13-15)
定公問。一言而可以興邦。有諸。孔子對曰。言不可以若是其幾也。人之言曰。爲君難。爲臣不易。如知爲君之難也。不幾乎一言而興邦乎。曰。一言而喪邦。有諸。孔子對曰。言不可以若是其幾也。人之言曰。予無樂乎爲君。唯其言而莫予違也。如其善。而莫之違也。不亦善乎。如不善。而莫之違也。不幾乎一言而喪邦乎。
定公ていこうう。一言いちげんにしてもっくにおこきもの、るか。こうこたえてわく、げんもっかくごとからざるなり。ひとげんわく、きみたるはかたく、しんたるもやすからずと。きみたるのかたきをらば、一言いちげんにしてくにおこすにちかからずや。わく、一言いちげんにしてくにほろぼすもの、りや。こうこたえてわく、げんもっかくごとからざるなり。ひとげんわく、われきみたるをたのしむことし。ただいてわれたがきなりと。ぜんにしてこれたがくんば、からずや。不善ふぜんにしてこれたがくんば、一言いちげんにしてくにほろぼすにちかからずや。
  • 君之難 … 『義疏』では「君難」に作る。
  • 一言而喪邦 … 『義疏』では「一言而可以喪邦」に作る。
  • 唯其言而莫予違也 … 『義疏』では「唯其言而樂莫予違也」に作る。
  • 下村湖人(1884~1955)は「魯の定公がたずねられた。一言で国を興隆させるような言葉はないものかな。先師がこたえられた。いったい言葉というものは、仰せのようにこれぞという的確なききめのあるものではありません。しかし、世の諺に、君となるのも難しい、臣となるのもたやすくはない、ということがございます。もし、君となるのがむずかしいという言葉が支配者に十分のみこめましたら、その言葉こそ一言で国を興隆させる言葉にもなろうかと存じます。定公がまたたずねられた。一言で国を亡ぼすというような言葉はないものかな。先師がこたえられた。いったい言葉というものは、仰せのように、これぞという的確なききめのあるものではありません。しかし、世の諺に、君となってもなんの楽しみもないが、ただ何をいってもさからう者がないのが楽しみだ、ということがございます。もし善いことをいってさからう者がないというのなら、まことに結構でございますが、万一にも、悪いことをいってもさからう者がないという意味でございますと、それこそ一言で国を亡ぼす言葉にもなろうかと存じます」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十