>   論語   >   顔淵第十二   >   15

顔淵第十二 15 子曰博學於文章

293(12-15)
子曰。博學於文。約之以禮。亦可以弗畔矣夫。
いわく、ひろぶんまなび、これやくするにれいもってすれば、もっそむかざるべきか。
現代語訳
  • 先生 ――「ひろく文献をまなび、それを規律でひきしめれば、ともかく本すじにたがわないだろうな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「ひろく典籍を学んで知見をゆたかにするとともに、実践の軌範を礼に求めてその知見にしめくくりをつけるがいい。それでこそ学問の道にそむかないといえるだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 雍也第六25」に重出しているが、「博学」の前に「君子」の二字がある。
  • 文 … 詩書をはじめとした、いろんな書物。
  • 之 … 書物から学んだ知識。
  • 約 … ひろく学んだことを実践できる方向へ集約していく。
  • 礼 … 安定した社会秩序。伝統的習慣。
  • 畔 … 背く。道にはずれる。
補説
  • 文 … 荻生徂徠は「文とは、詩・書・礼・がくなり」(文者、詩書禮樂也)といっている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 約 … 『集注』に「約は、要なり」(約、要也)とある。
  • 博学於文 … 『義疏』では「君子博学於文」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十