>   論語   >   顔淵第十二   >   12

顔淵第十二 12 子曰片言可以折獄者章

290(12-12)
子曰。片言可以折獄者。其由也與。子路無宿諾。
いわく、片言へんげんもっうったえをさだむべきものは、ゆうなるか。子路しろ宿しゅくだくし。
現代語訳
  • 先生 ――「ひとことでイザコザをさばけるのは、まず由くんだな。」子路(由)はひきうけたことをほっておかなかった。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「ただ一言でぴたりと判決を下し、当事者双方を信服させる力のあるのは、ゆうだろうか」
    子路はがんらい、引き受けたことはただちに実行にうつす人で、ふだんから人に信頼された人なのである。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 片言 … 一言で。短い言葉で。
  • 折獄 … 裁判の判決を下すこと。「折」は「さだむ」と読む。判決を下すこと。「獄」は訴訟、裁判。
  • 由 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 無宿諾 … 一度承諾したことを翌日まで延ばすことはしない。「諾」は承諾。
補説
  • 片言 … 『集解』に引く孔安国の注に「へんへんのごとし」(片猶偏也)とあり、被告と原告の両方の陳述を聴かず、一方だけを聴いて裁判の判決を下すことと解釈している。『集注』に「片言は、半言」(片言、半言)とあり、「一言半句を発言しただけで……」と解釈している。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十