>   論語   >   顔淵第十二   >   6

顔淵第十二 6 子張問明章

284(12-06)
子張問明。子曰。浸潤之譖。膚受之愬。不行焉。可謂明也已矣。浸潤之譖。膚受之愬。不行焉。可謂遠也已矣。
ちょうめいう。いわく、しんじゅんそしりじゅうったえおこなわれざるは、めいうべきのみ。しんじゅんそしりじゅうったえおこなわれざるは、えんうべきのみ。
現代語訳
  • 子張が察しについてきく。先生 ――「ジワジワとやるわるくち、根も葉もない告げぐちが、通らないようなら、察しがよいといえるわけだ。ジワジワとやるわるくち、根も葉もない告げぐちが、通らないようなら、見通しがきくというわけだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張が、「明とはどういうことでありますか。」と質問した。孔子様がおっしゃるよう、「水のしみこむようなソシリにも火のつくようなウッタエにもたやすく動かされぬに至ってこそ、明というべきじゃ、遠というべきじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子張が明察ということについてたずねた。先師はこたえられた。――
    「水がしみこむようにじりじりと人をそしる言葉や、傷口にさわるように、するどくうったえてくる言葉には、とかく人は動かされがちなものだが、そういう言葉にうかうかと乗らなくなったら、その人は明察だといえるだろう。いや、明察どころではない、達見の人といってもいいだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 明 … 明察。明智。聡明。
  • 浸潤之譖 … 水が物にしみ込むような、非常に巧みな中傷・讒言ざんげん。「浸潤」は液体がだんだんとしみ込むこと。「譖」はじわじわと悪口をいうこと。そしること。
  • 膚受之愬 … 身を切るような痛切な訴え。「膚受」は直接皮膚に感じる。切羽詰まったこと。「」は訴え。
  • 不行焉 … 行われないようにする。「焉」は置き字。読まない。状態の持続を示す助字。
  • 遠 … 明智の遠い先まで見抜くこと。
補説
  • 浸潤之譖 … 『集解』に引く鄭玄の注に「人をしんするの言は、水の浸潤するが如く、ようやく以て之を成す」(譖人之言、如水之浸潤、漸以成之)とある。『集注』に「浸潤は、水の浸灌滋潤し、漸くひたしてにわかならざるがごときなり。譖は、人の行をそしるなり」(浸潤、如水之浸灌滋潤、漸漬而不驟也。譖、毀人之行也)とある。
  • 膚受之愬 … 『集解』に引く馬融の注に「じゅの愬は、皮膚外の語にして、其の内実に非ず」(膚受之愬、皮膚外語、非其内實)とある。『集注』に「じゅは、肌膚きふの受くる所の、利害の身に切なるを謂う。易の所謂いわゆる牀を剝ぐにはだえを以てし、切に災に近づくがごとき者なり。は、己のえんうったうるなり」(膚受、謂肌膚所受、利害切身。如易所謂剝牀以膚、切近災者也。愬、愬己之冤也)とある。
  • 遠 … 『集解』に引く馬融の注に「此の二者無きは、但だに明と為すのみに非ず。其の徳行高遠にして、人能く及ぶ莫し」(無此二者、非但爲明。其德行高遠、人莫能及)とある。
  • 『集注』に「人をそしる者、漸くひたしてにわかならざれば、則ち聴く者其の入るを覚えずして、之を信ずること深し。えんうったうる者、急迫して身に切なれば、則ち聴く者詳かなるを致すに及ばずして、之を発すること暴なり。二者察し難けれども、能く之を察すれば、則ち其の心の明にして、近きに蔽われざるを見るべし。此も亦た必ず子張の失に因りて之を告ぐ。故に其の辞は繁にしてがず。以て丁寧の意を致すと云う」(毀人者、漸漬而不驟、則聽者不覺其入、而信之深矣。愬冤者、急迫而切身、則聽者不及致詳、而發之暴矣。二者難察、而能察之、則可見其心之明、而不蔽於近矣。此亦必因子張之失而告之。故其辭繁而不殺。以致丁寧之意云)とある。
  • 『集注』に引く楊時の注に「にわかにして之に語ると、利害の身に切ならざる者と行われざるは、明なる者を待たずして之を能くすること有るなり。故に浸潤の譖、膚受の愬行われずして、然る後に之を明と謂い、また之を遠と謂う。遠は則ち明の至りなり。書に曰く、遠を視ることれ明、と」(驟而語之、與利害不切於身者不行焉、有不待明者能之也。故浸潤之譖、膚受之愬不行、然後謂之明、而又謂之遠。遠則明之至也。書曰、視遠惟明)とある。
  • 伊藤仁斎は朱子の注を引用するだけに止めている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「明とは、人の上たるの徳なり。故にいにしえ明を言う者は、人の上たる者を以て之を言う。此の章是れなり。……既に明と曰いまた遠と曰う者は書に曰く、遠きを視ることれ明、と。子張けだし書を孔子に問うなり。夫れ遠きを視ること能わざる所以の者は、近きにおおわるるが故なり」(明者爲人上之德也。故古言明者。以爲人上者言之。此章是也。……既曰明又曰遠者。書曰視遠惟明。子張蓋問書於孔子也。夫所以不能視遠者。蔽於近故也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十