>   論語   >   先進第十一   >   18

先進第十一 18 子曰回也其庶乎章

271(11-18)
子曰、回也其庶乎。屢空。賜不受命。而貨殖焉。億則屢中。
いわく、かいちかからんか。屢〻しばしばむなし。めいけずして貨殖かしょくす。はかればすなわ屢〻しばしばあたる。
現代語訳
  • 先生 ――「顔回は、まず上等だな。よく貧乏をした。端木賜(子貢)は、運をだしぬいて、金もうけをやった。ヤマをかけるとよくあたる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「回の境地はまず理想に近いだろう。財布が空になることはしばしばだが、いつも天命に安んじ、道を楽しんでいる。はまだ天命に安んじないで、財を作るのにかなり骨を折っているようだ。しかし、判断は正しいし、考えさえすれば、道にはずれるようなことはめったにないだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 回 … 前521~前490。孔子の第一の弟子。姓は顔、名は回。あざなえんであるので顔淵とも呼ばれた。の人。徳行第一といわれた。孔子より三十歳年少。早世し孔子を大いに嘆かせた。ウィキペディア【顔回】参照。
  • 其庶乎 … まあ理想に近いと言えるかな。「庶」は「庶幾ちかし」に同じ。
  • 屢空 … しょっちゅう貧乏で無一文になる。
  • 賜 … 子貢の名。姓は端木たんぼく。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 不受命 … 天命を受けない。
  • 貨殖 … 財産をふやすこと。金もうけすること。
  • 億 … 推測する。思いはかる。
  • 中 … 的中する。
補説
  • 其庶乎 … 『集注』に「庶は、近なり。道に近きを言うなり」(庶、近也。言近道也)とある。
  • 屢空 … 『集注』に「屢〻しばしば空しは、数〻しばしばくうに至るなり」(屢空、數至空匱也)とある。「空匱」は物などが何もないこと。貧乏。
  • 回也其庶乎。屢空 … 宮崎市定は「かい屢〻しばしばむなしきにちかし」と読み、「回は年中貧乏暮しというところ」と訳している。詳しくは『論語の新研究』274頁参照。
  • 不受命 … 『集注』に「命は、天命を謂う」(命、謂天命)とある。
  • 貨殖 … 『集注』に「貨殖は、貨財生殖するなり」(貨殖、貨財生殖也)とある。
  • 億 … 『集注』に「億は、おもはかるなり」(億、意度也)とある。『義疏』では「憶」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十