>   論語   >   先進第十一   >   20

先進第十一 20 子曰論篤是與章

273(11-20)
子曰。論篤是與。君子者乎。色莊者乎。
いわく、ろんあつきにくみせば、くんしゃか、色荘者しきそうしゃか。
現代語訳
  • 先生 ――「議論ぶりにほれても、人物だか、宣伝屋だか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「いうことがしっかりしているということだけで判断したのでは、君子であるか、にせ者であるか、わからない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 論篤 … 議論の篤実なこと。言論がしっかりしていること。
  • 与 … 賛成する。正しいと判断する。
  • 君子者乎 … 君子といえる者だろうか。「乎」は「か」と読み、「~であろうか」と訳す。軽い疑問の意を示す。
  • 色荘者 … うわべだけを飾る見せかけだけの人。「色」は表情や態度、「荘」は堂々としていること。
補説
  • 『集注』に「言うこころは但だ其の言論の篤実を以て之に与せば、則ち未だ其れ君子なる者るか、色荘なる者るかを知らず。言貌を以て人を取るべからざるを言うなり」(言但以其言論篤實而與之、則未知其爲君子者乎、爲色莊者乎。言不可以言貌取人也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十