>   論語   >   先進第十一   >   9

先進第十一 9 顏淵死第三章

262(11-09)
顏淵死。子哭之慟。從者曰、子慟矣。曰、有慟乎。非夫人之爲慟、而誰爲。
顔淵がんえんす。これこくしてどうす。じゅうしゃいわく、どうせりと。いわく、どうするりしか。ひとためどうするにあらずして、ためにかせんと。
現代語訳
  • 顔淵が死ぬと、先生はなげいて泣きくずれた。供の者が ―― 「先生お泣きでしたね。」先生 ――「泣いたか…。あの男のために泣かなかったら、だれのために泣こう。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 顔淵が死んだ。先師はその霊前で声をあげて泣かれ、ほとんど取りみだされたほどの悲しみようであった。おともの門人が、あとで先師にいった。――
    「先生も今日はお取りみだしのようでしたね」
    先師がこたえられた。――
    「そうか。取りみだしていたかね。だが、あの人のためになげかないで、誰のためになげこう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 顔淵 … 前521~前490頃。孔子の第一の弟子、顔回。姓は顔、名は回。あざなえんであるので顔淵とも呼ばれた。の人。徳行第一といわれた。孔子より三十歳年少。早世し孔子を大いに嘆かせた。ウィキペディア【顔回】参照。
  • 哭 … 大声をあげて泣く。
  • 慟 … ひどく悲しむ。
  • 従者 … お供をした門人たち。
  • 子慟矣 … 先生は先ほど泣き崩れられましたね。
  • 曰、有慟乎 … 孔子はあまりの悲しみに自分の態度に気づかず、思わず発したことば。そうか。私は慟哭していたかね。
  • 夫人 … 「かのひと」と読む。顔淵を指す。
  • 誰為 … 誰のために慟哭しようか。ほかに慟哭すべき人はない。反語の形。
補説
  • 慟 … 『集解』に引く馬融の注および『集注』に「慟すは哀しみの過ぐるなり」(慟、哀過也)とある。
  • 曰、有慟乎 … 『集注』に「哀傷の至り、自ら知らざるなり」(哀傷之至、不自知也)とある。『義疏』では「子曰。有慟乎」に作る。
  • 夫人 … 『集注』に「夫の人は、顔淵を謂う」(夫人、謂顏淵)とある。
  • 誰為 … 『義疏』では「誰為慟」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十