>   論語   >   先進第十一   >   1

先進第十一 1 子曰先進於禮樂章

254(11-01)
子曰。先進於禮樂。野人也。後進於禮樂。君子也。如用之。則吾從先進。
いわく、先進せんしん礼楽れいがくけるや、じんなり。後進こうしん礼楽れいがくけるや、くんなり。これもちうれば、すなわわれ先進せんしんしたがわん。
現代語訳
  • 先生 ――「昔の人は礼儀や音楽に、骨っぽさがあった。今の人は礼儀や音楽に、上品一方だ。それをえらぶとなれば、わしは昔流にやる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「礼楽の道において、昔の人は土くさい野人、今の人は磨きのかかった上流人、と、そう世間で考えるのも一応もっともだ。しかし、もし私がそのいずれか一つを選ぶとすると、私は昔の人の歩んだ道を選びたい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 先進 … (周初の)先輩たち。『集注』に「先進後進は、猶お前輩後輩と言うがごとし」(先進後進、猶言前輩後輩)とある。
  • 礼楽 … 礼儀と音楽に対する態度。
  • 野人 … いなか者。素朴な人。『集注』に「野人は、郊外の民を謂う」(野人、謂郊外之民)とある。
  • 後進 … (周末の)後輩たち。
  • 君子 … 教養人。洗練された人。紳士。『集注』に「君子は、賢士大夫を謂うなり」(君子、謂賢士大夫也)とある。
  • 如 … もし。「若」に同じ。
  • 用之 … どちらか一方の態度を選ぶとすれば。「之」は礼楽を指す。『集注』に「之を用うは、礼楽を用うるを謂う」(用之、謂用禮樂)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十