>   論語   >   子罕第九   >   21

子罕第九 21 子曰苗而不秀者有矣夫章

226(09-21)
子曰。苗而不秀者有矣夫。秀而不實者有矣夫。
わく、なえにしてひいでざるものるかな。ひいでてみのらざるものるかな。
現代語訳
  • 先生 ―― 「芽は出ても穂の出ぬのが、あるんでなあ。穂は出ても実らぬのが、あるんでなあ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「苗にはなっても、花が咲かないものがある。花は咲いても実を結ばないものがある」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 苗 … 学問を始めたことのたとえ。『集注』には「穀の始めて生ずるを苗と曰い、華を吐くを秀と曰い、穀を成すを実と曰う」(穀之始生曰苗、吐華曰秀、成穀曰實)とある。
  • 秀 … 花が咲くこと。成長すること。
  • 矣夫 … 「(なる)かな」と読み、「~だなあ」「~であることよ」と訳す。感嘆の意を示す。「矣」「矣哉」「矣乎」も同じ。
  • 実 … 成熟すること。学問が大成することのたとえ。
余説
  • 鄭注の「秀でざるとは項託こうたくを喩う。実らざるとは顔淵を喩う」に対し、宮崎市定は「論語の原文を素直に読めば、どう考えてもこれは日本の諺にもあるように、十で神童、といわれた人が必ずしも大成しない、という意味にしか受取れない。そういう一般的な観察であってこそ意味があるのであって、それを特定の人物に限っては全く価値がなくなってしまう」と批判している(『論語の新研究』54頁)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十