>   論語   >   述而第七   >   30

論語 述而第七 30

07-30 陳司敗問。昭公知禮乎。孔子曰。知禮。孔子退。揖巫馬期而進之曰。吾聞君子不黨。君子亦黨乎。君取於呉。爲同姓。謂之呉孟子。君而知禮。孰不知禮。巫馬期以告。子曰。丘也幸。苟有過。人必知之。
ちんはいう、昭公しょうこうれいれるか。孔子こうしいわく、れいれり。孔子こうし退しりぞく。巫馬期ふばきゆうしてこれすすめていわく、われく、君子くんしとうせず、と。君子くんしとうするか。きみめとる。同姓どうせいたり。これ呉孟子ごもうしう。きみにしてれいらば、たれれいらざらん、と。巫馬期ふばきもっぐ。いわく、きゅうさいわいなり。いやしくもあやまれば、ひとかならこれる、と。
  • 陳 … 国名。今の河南省淮陽わいよう県を中心とした地にあった小国。ウィキペディア【陳 (春秋)】参照。
  • 司敗 … 陳の官名。司法の長官。陳・楚以外の国ではこうと呼んだ。新注には「司敗は、官名、即ち司寇なり」(司敗、官名、即司寇也)とある。この人物の姓名は不明。
  • 昭公 … 魯の君主。名はちゅう。襄公の庶子。新注には「昭公は、魯の君、名はちゅう、威儀の節を習い、当時以て礼を知れると為す」(昭公、魯君、名稠、習於威儀之節、當時以爲知禮)とある。ウィキペディア【昭公 (魯)】参照。
  • 揖巫馬期而進之 … 皇侃おうがん本では「揖巫馬期而進也」に作る。『史記』仲尼弟子列伝では「揖巫馬旗」に作る。
  • 巫馬期 … 姓は巫馬、名は施。期はあざな。孔子の門人。
  • 揖 … 両手を胸の前で組み合わせて、少し上にあげるお辞儀。
  • 党 … 仲間ぼめをする。新注には「相助けて非をかくすを党と曰う」(相助匿非曰黨)とある。
  • 君取 … 『経典釈文』には「君娶」とあり、「本今作取」と記されている。「取」は「娶」の古字。
  • 君取於呉 … 君子は呉の国から夫人をめとられた。
  • 同姓 … 魯も呉も姓は。新注には「礼に同姓を娶らず」(禮、不娶同姓)とある。
  • 呉孟子 … 魯の昭公の夫人の名で、同姓を隠すためにつけた名。「子」は姓。「孟」は長女。新注には「之を呉孟子と謂う者は、之を諱みて宋女の子姓の者の若く然りとせしむなり」(謂之呉孟子者、諱之使若宋女子姓者然)とある。
  • 苟 … 「いやしくも」と読み、「もし~だったら」「かりに~」と訳す。順接の仮定条件の意を示す。
  • 下村湖人(1884~1955)は「陳のはいがたずねた。昭公しょうこうは礼を知っておられましょうか。先師がこたえられた。知っておられます。先師はそれだけいって退かれた。そのあと司敗は巫馬期ふばき会釈えしゃくし、彼を自分の身近かに招いていった。私は、君子というものは仲間ぼめはしないものだと聞いていますが、やはり君子にもそれがありましょうか。と申しますのは、昭公はからきさきを迎えられ、その方がご自分と同姓なために、ごまかして呉孟子ごもうしと呼んでおられるのです。もしそれでも昭公が礼を知った方だといえますなら、世の中に誰か礼を知らないものがありましょう。巫馬期があとでそのことを先師に告げると、先師はいわれた。私は幸福だ。少しでも過ちがあると、人は必ずそれに気づいてくれる」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十