>   論語   >   八佾第三   >   15

八佾第三 15 子入太廟章

055(03-15)
子入太廟、毎事問。或曰、孰謂鄹人之子知禮乎。入太廟、毎事問。子聞之曰、是禮也。
たいびょうりて、事毎ことごとう。あるひといわく、たれ鄹人すうひとれいるとうか。たいびょうりて、事毎ことごとう。これきていわく、れいなり。
現代語訳
  • 先生は大神宮で、いちいち人にきく。だれかが ―― 「鄹(スウ)村の若僧め、儀式を知らんじゃないか。大神宮で、いちいちきくとは。」先生はそれをきいて ―― 「そこが儀式だ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がたいびょうに参拝しまた祭にたずさわるとき、これをどういたすのですか、次に何がござりますか、と事毎ことごとにたずねられた。そこである人が、「あの鄹人の息子は礼を心得ているなどとはいったいだれが言ったのか。大廟にはいるといちいち物をきいてまごついているではないか。」と蔭口かげぐちをきいた。孔子様がそれを伝え聞いておっしゃるよう、「それが礼なのじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師が大廟に入って祭典の任に当られた時、事ごとに係の人に質問された。それをある人があざけっていった。
    「あのすうの田舎者のせがれが、礼に通じているなどとは、いったいだれがいいだしたことなのだ。大廟にはいって事ごとに質問しているではないか」
    先師はこれをきかれて、いわれた。――
    「慎重にきくのが礼なのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 太廟 … 初代の君主を祀った廟。ここでは魯の始祖、周公旦を祀った廟。周公旦についてはウィキペディア【周公旦】参照。
  • 事毎 … 一つ一つ。一々。物事すべて。
  • 問 … 質問する。尋ねる。
  • 子入太廟。毎事問 … 「郷党第十14」に重出。ただし、「子入太廟」の「子」がない。
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 鄹人之子 … 孔子を軽侮して言った言葉。「すう」は、孔子の出身地で、孔子の父叔梁しゅくりょうこつが地方官をした土地。「田舎役人の子」という程度の意。
補説
  • 子入太廟 … 『集解』に引く包咸の注に「太廟は、周公の廟なり。孔子魯に仕う。魯は周公を祭り、而して祭を助くるなり」(太廟、周公廟也。孔子仕魯。魯祭周公、而助祭也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』では「大廟」に作り、「周公の廟なり。孔子魯に仕え祭を助く。故に周公の廟に入るを得るなり」(周公廟也。孔子仕魯助祭。故得入周公廟也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』でも「大廟」に作り、「大廟は、魯の周公の廟なり。此れ蓋し孔子始めて仕うるの時、入りて祭を助くるなり」(大廟、魯周公廟。此蓋孔子始仕之時、入而助祭也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 毎事問 … 『義疏』に「太廟中の事及び物、孔子事毎ことごとすなわち廟中の令長に問うなり」(太廟中事及物、孔子毎事輒問於廟中令長也)とある。
  • 孰謂鄹人之子知礼乎。入太廟、毎事問 … 『集解』に引く孔安国の注に「鄹は、孔子の父叔梁しゅくりょうこつの治むる所の邑なり。時人多く孔子は礼を知ると言う。或る人以為おもえらく、礼を知る者は、当に復た問うべからざるなり」(鄹、孔子父叔梁紇所治邑也。時人多言孔子知禮。或人以爲、知禮者、不當復問也)とある。また『義疏』に「孰は、誰なり。鄹は、孔子の父叔梁紇の治むる所の邑なり。故に孔子を鄹人の子と為すを謂うなり。世人皆孔子を礼を知ると伝う。或る人疑いて云う、礼を知る者は自ら当に徧く一切を識るべくして、応に問うこと有るべからず、と。今孔子廟に入り、事毎に輒ち問う。則ち是れ礼を知らざるなり。故に曰く、誰か鄹人の子を礼を知ると謂うか、と」(孰、誰也。鄹、孔子父叔梁紇所治邑也。故謂孔子爲鄹人子也。世人皆傳孔子知禮。或人疑云、知禮者自當徧識一切、不應有問。今孔子入廟、每事輒問。則是不知禮也。故曰、誰謂鄹人子知禮乎)とある。また『集注』に「鄹は、魯の邑の名なり。孔子の父叔梁紇、嘗て其の邑の大夫たり。孔子わかきより、礼を知るを以て聞こゆ。故に或る人此に因りて之をそしる」(鄹、魯邑名。孔子父叔梁紇、嘗爲其邑大夫。孔子自少、以知禮聞。故或人因此而譏之)とある。
  • 是礼也 … 『集解』に引く孔安国の注に「之を知ると雖も、当に復た問うべし。慎の至りなり」(雖知之、當復問。愼之至也)とある。また『義疏』に「孔子或る人の己の多問を譏るを聞く。故に之を釈するなり。所以に云う、是れ礼なる者は宗廟の事重し。軽〻しく脱す可からず。愈〻知り愈〻問うは、是れ敬慎の礼なり」(孔子聞或人譏己多問。故釋之也。所以云、是禮者宗廟事重。不可輕脱。愈知愈問、是敬愼之禮也)とある。また『集注』に「孔子の是れ礼なりと言うは、敬謹の至り、乃ち礼たる所以なり」(孔子言是禮者、敬謹之至、乃所以爲禮也)とある。
  • 『集注』に引く尹焞の注に「礼とは、敬のみ。知ると雖も亦た問うは、謹みの至りなり。其の敬たること此より大なるは莫し。之を礼を知らずと謂う者は、豈に以て孔子を知るに足らんや」(禮者、敬而已矣。雖知亦問、謹之至也。其爲敬莫大於此。謂之不知禮者、豈足以知孔子哉)とある。
  • 宮崎市定は「禮に型はない。愼重にも愼重を期して手落ちないようにする。これこそ禮の精神だという意味であろう。禮は型の傳燈でなく、その中に含まれている精神だという、極めて孔子的な發想なのである」と解説している(『論語の新研究』189頁)。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「聖人の礼に於ける、固より知らざる所無し。然り但だ其の名を聞きて、其の器物事実に於いては、則ち或いは未だ知らざる所の者有らん。故に始めて大廟に入り、事毎に問うのみ。亦た之を謹むなり。或る人未だ道を知らず、徒らに名物度数を講ずるを以て礼を知ると為す。故に此を以て之を譏る」(聖人之於禮、固無所不知。然但聞其名、而於其器物事實、則或有所未知者。故始入大廟、毎事問耳。亦謹之也。或人未知道、徒以講名物度數爲知禮。故以此譏之)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「子、太廟に入って、事毎に問う、と、古え必ず此の礼有らん。故に孔子曰く、是れ礼なり、と。……鄹人の子は、孔子を軽んずるの辞なり。武氏の子、ぞう氏の子、がん氏の子の如き、皆少年を指して之を言う」(子入太廟、毎事問、古必有此禮。故孔子曰、是禮也。……鄹人之子、輕孔子之辭。它如武氏之子、臧氏之子、顏氏之子、皆指少年言之)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十