>   論語   >   雍也第六   >   24

雍也第六 24 宰我問曰章

143(06-24)
宰我問曰。仁者雖告之曰。井有仁者焉。其從之也。子曰。何爲其然也。君子可逝也。不可陥也。可欺也。不可罔也。
さいいていわく、仁者じんしゃこれげてせいじんりとうといえども、これしたがわん。いわく、なんれぞしからんや。くんかしむべきなり。おとしいるべからざるなり。あざむくべきなり。うべからざるなり。
現代語訳
  • 宰我がたずねる、「なさけのある人は、『井戸に人が落ちています。』といわれたとしても、とびこんでいきますか。」先生 ――「なんでそんなことがあるものか。りっぱな人はおびきだされても、おとしいれられないんだ。だまされはしても、バカにはされないんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • さいが先師にたずねた。――
    「仁者は、もしも井戸の中に人がおちこんだといって、だまされたら、すぐ行ってとびこむものでしょうか」
    先師がこたえられた。――
    「どうしてそんなことをしよう。君子はだまして井戸まで行かせることはできる。しかし、おとし入れることはできない。人情に訴えてあざむくことはできても、正しい判断力を失わせることはできないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 宰我 … 姓は宰、名は予、あざなは子我。孔門十哲のひとり。魯の人。「言語には宰我・子貢」と評され、弁舌にすぐれていた。ウィキペディア【宰我】参照。
  • 仁者 … 仁の道をきわめた人。仁徳をそなえた人。
  • 井有仁焉 … 井戸に人が落ちている。『集解』に「仁人井に堕つる」(仁人墮井)とあり、「仁徳ある人が井戸に落ちている」と解釈している。『義疏』では「井有仁者焉」に作る。『集注』に「劉聘君いわく、仁有りの仁は、当に人に作るべし、と。今之に従う」(劉聘君曰、有仁之仁、當作人。今從之)とあり、仁は「人」の字に改めるべきだといっている。
  • 雖 … 仮に~しても。仮定形。
  • 従 … 落ちた人を井戸に飛び込んで救う。『集注』に「従は、之に井に随いて之を救うを謂うなり」(從、謂隨之於井而救之也)とある。
  • 其從之也 … 『義疏』では「其從之與」に作る。
  • 何為其然也 … どうしてそのようなことができようや。「何為」は「なんすれぞ」と読み、「どうして」「なぜ」「何のために」と訳す。「其」は語調を整える助字。意味はない。
  • 逝 … 行く。使役動詞。ここでは「行かせる」と読む。『集注』に「逝は、之をして往きて救わしむるを謂う」(逝、謂使之往救)とある。
  • 陥 … 井戸の中へ入らせる。『集注』に「陥は、之を井におとしいるるを謂う」(陷、謂陷之於井)とある。
  • 欺 … 道理のあることをいって相手をだますこと。『集注』に「欺は、之をあざむくに理の有る所を以てするを謂う」(欺、謂誑之以理之所有)とある。
  • 罔 … 相手の目をくらませる。『集注』に「罔は、之をくらますに理の無き所を以てするを謂う」(罔、謂昧之以理之所無)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十