>   論語   >   里仁第四   >   21

里仁第四 21 子曰父母之年章

087(04-21)
子曰、父母之年、不可不知也。一則以喜、一則以懼。
いわく、父母ふぼとしは、らざるべからざるなり。いつにはすなわもっよろこび、いつにはすなわもっおそる。
現代語訳
  • 先生 ――「親の年は、知っておかねばならぬ。安心にもなり、用心にもなる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「父母の年齢は記憶していなくてはいけない。そして一面ではその長寿を喜び、他面ではおいきの短いことを心配しつつ、一日をもしんで孝養をつくすべきだ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「父母の年齢は忘れてはならない。一つにはその長命を喜ぶために、一つには老い先の短いのをおそれていよいよ孝養をはげむために」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 年 … 年齢。
  • 不可不知也 … 覚えていなければならない。「不可不~」は「~せざるべからず」と読む。二重否定の形。「~しなければならない」と訳す。
  • 知 … ここでは、記憶して忘れないこと。
  • 一 … 「いつは」「いつには」と読む。「或」に同じ。一方では。一つには。
  • 以 … 「もって」と読み、「そして」「それで」などと訳す。ここでは「~をもって」とは読まない。
  • 喜 … (父母の長寿を)喜ぶ。
  • 懼 … (父母の老い先短いことを)心配する。気遣う。
補説
  • 父母之年、不可不知也 … 『義疏』に「人年多けれどもかたちわかき有り。或いは年少くしてかたち老ゆる有り。此れ定めと為す可からざる所なり。故に人の子たる者は、必ず宜しく父母の年の多少を知るべきなり」(人有年多而容少。或有年少状老。此所不可爲定。故爲人子者、必宜知父母之年多少也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「知は、猶お記憶のごときなり」(知、猶記憶也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 一則以喜、一則以懼 … 『集解』に引く孔安国の注に「其の寿考を見れば則ち喜び、其の衰老を見れば則ちおそるるなり」(見其壽考則喜、見其衰老則懼也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「此れ宜しく年を知るべきの事なり。父母の年高くして形猶おさかんなるを知る。此は是れ寿考の徴なり。故に孝子喜ぶ所以なり。年実に未だ老いずして形容衰減す。故に孝子怖懼ふくする所以なり」(此宜知年之事也。知父母年高而形猶壯。此是壽考之徴。故孝子所以喜也。年實未老而形容衰減。故孝子所以怖懼也)とある。また『集注』に「常に父母の年を知れば、則ち既に其の寿を喜び、又た其の衰をおそる。而して日をしむの誠に於いて、自らむこと能わざる者有り」(常知父母之年、則既喜其壽、又懼其衰。而於愛日之誠、自有不能已者)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「聖人の言は、天下の至言、理此に到りて尽く。教え此に到りて極まる。其の語の平易なるを以てしてこれゆるがせにす可からず」(聖人之言、天下之至言、理到此而盡矣。教到此而極矣。不可以其語平易而忽諸)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』には、この章の注なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十