>   論語   >   述而第七   >   36

述而第七 36 子曰君子坦蕩蕩章

183(07-36)
子曰、君子坦蕩蕩。小人長戚戚。
いわく、くんたんとして蕩蕩とうとうたり。しょうじんとこしなえに戚戚せきせきたり。
現代語訳
  • 先生 ――「人物はユッタリと落ちつき、俗物はいつもクヨクヨする。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子は心が平静で様子がのびのびしている。小人はいつでもコセコセビクビクしている。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は気持がいつも平和でのびのびとしている。小人はいつもびくびくして何かにおびえている」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子・小人 … 君子は、徳の高い立派な人、人格者。小人は、教養がなく、人格が低くてつまらない人。
  • 坦 … 心が平静である。おだやか。情緒が安定している。
  • 蕩蕩 … 心がゆったり、のびのびしているさま。
  • 長 … いつも。「ながく」とも読む。
  • 戚戚 … びくびくしている。くよくよしている。
補説
  • 君子坦蕩蕩 … 『集解』に引く鄭玄の注に「坦として蕩蕩たりは、寛広のかたちなり」(坦蕩蕩、寛廣貌也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「坦として蕩蕩たりは、心の貌寛曠なり。憂患する所無きなり。君子は内省してやましからざるが故なり」(坦蕩蕩、心貌寛曠。無所憂患也。君子内省不疚故也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「坦は、平らかなり。蕩蕩は、寬広の貌」(坦、平也。蕩蕩、寬廣貌)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に引く程顥の注に「君子は坦にして蕩蕩たりは、心広く体ゆたかなり」(君子坦蕩蕩、心廣體胖)とある。
  • 小人長戚戚 … 『集解』に引く鄭玄の注に「長しなえに戚戚たりは、憂懼すること多きの貌なり」(長戚戚、多憂懼貌也)とある。また『義疏』に「長しなえに戚戚たりは、恒に憂懼するなり。小人好んで罪過を為す。故に恒に憂懼を懐くなり。江熙曰く、君子は坦爾として夷任、蕩然として無私なり。小人は栄利にきょうし、得失に耿介こうかいす。故に長しなえに愁府たるなり」(長戚戚、恆憂懼也。小人好爲罪過。故恆懷憂懼也。江熙曰、君子坦爾夷任、蕩然無私。小人馳競於榮利、耿介於得失。故長爲愁府也)とある。馳競は、馳せ競うこと。
  • 長 … 宮崎市定は「悵」の仮借と推測し、「ちょうとして」と読んでいる。「悵」は、うれい、なげくの意。詳しくは『論語の新研究』144頁参照。
  • 『集注』に引く程頤の注に「君子は理にしたがう。故に常に舒泰なり。小人は物にえきせらる。故に憂戚多し」(君子循理。故常舒泰。小人役於物。故多憂戚)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「君子はつね撿束けんそくを要す。故に其の心反って寛広なり。小人は自ら放縦を好む。故に長く戚戚たることを免れず。是れ学者の当に自ら省みるべき所なり」(君子毎要撿束。故其心反寛廣。小人自好放縱。故不免長戚戚。是學者之所當自省也)とある。撿束は、行いをつつしみ、自分の身を引き締めること。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「君子は命を知る、故に坦蕩蕩たり。小人は命を知らず、故に長戚戚たり。程子理にしたがい、物にえきせらるを以て解を為すは、抑〻そもそもすえなり」(君子知命、故坦蕩蕩。小人不知命、故長戚戚。程子以循理役於物爲解、抑末矣)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十