>   漢詩   >   歴代詩選:元   >   絶句(趙孟頫)

絶句(趙孟頫)

絶句ぜっ
ちょうもう     
  • 〔出典〕 『松雪斎文集』巻五(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。門・温・昏(平声元韻)。
  • 趙孟頫 … 1254~1322。元初の政治家、書家、画家、文人。呉興(浙江省)の人。あざなごう。松雪道人・鷗波道人などと号した。おくりなは文敏。もと宋の皇族だったが、元に仕えた。書は王羲之の書風を継承した。著に『松雪斎文集』十巻がある。ウィキペディア【趙孟フ】参照。
春寒惻惻掩重門
しゅんかん惻惻そくそくとしてちょうもんおお
  • 春寒 … 春の初めに残る寒さ。
  • 惻惻 … 悲しみ傷むさま。
  • 重門 … 敷地内の奥の門。
  • 掩 … おおいかぶさる。
金鴨香殘火尚温
金鴨きんおう こう ざんして あたたかし
  • 金鴨 … 金属で作った鴨形の香炉。
  • 香残 … 香は消えかかっている。
  • 火尚温 … 火はまだほのかに温かく感じられる。
燕子不來花又落
えんきたらず はなまた
  • 燕子 … つばめ。
  • 又 … さらにまた。今年もまた。
一庭風雨自黄昏
一庭いっていふう おのずから黄昏こうこん
  • 一庭 … 庭全体。庭じゅう。庭いっぱい。
  • 黄昏 … 夕暮れ。たそがれ。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行