>   漢詩   >   歴代詩選:元   >   上京即事(薩都剌)

上京即事(薩都剌)

上京即事
じょうけいそく
さっ都剌とら     
  • 〔出典〕 『薩天錫詩集』七言絶句(『四部叢刊 初編集部』所収)、『雁門集』巻三(『四庫全書』所収)、『元詩選』初集 巻三十五(『四庫全書』所収)、他
  • 七言絶句。甜(平声覃韻)、簾(平声塩韻)通用。
  • 上京 … 遼の首都、上京臨潢りんこう(現在のバイリン左旗)。内モンゴル自治区赤峰市にある。ウィキペディア【バイリン左旗】参照。
  • 即事 … 目の前の情景や事柄に即して、見たままに詠じたもの。
  • 薩都剌 … 生没年未詳。元代の詩人。雁門(山西省代県)の人。蒙古人。あざなは天錫。直斎と号した。泰定四(1327)年、進士に及第。官僚としては不遇に終わった。詩集『雁門集』があり、魯迅に愛読された。ウィキペディア【薩都剌】参照。
牛羊散漫落日下
ぎゅうよう 散漫さんまんたり 落日らくじつもと
  • 牛羊 … 牛と羊の群れ。
  • 散漫 … 一面に散らばっている様子。
  • 落日 … 夕日。
野草生香乳酪甜
そう こうしょうじて にゅうらくあま
  • 生香 … 香ばしい匂いがする。
  • 乳酪 … ここでは、牛や羊の乳汁を発酵させたもの。ヨーグルトの類。
  • 甜 … 甘い。『薩天錫詩集』や『雁門集』等では「酣」に作るが、『元詩選』では「甜」に作る。
卷地朔風沙似雪
く 朔風さくふう すな ゆきたり
  • 朔風 … 北風。
  • 沙似雪 … 砂が空に舞い上がって雪のようである。「沙」は砂と同じ。
家家行帳下氊簾
家家いえいえこうちょう 氈簾せんれんくだ
  • 家家 … 多くの家。
  • 行帳 … モンゴル人の幕舎。テントの類。
  • 氈簾 … 毛織物の垂れ幕。
  • 下 … 下げている。垂らしている。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行