>   漢詩   >   歴代詩選:元   >   岳鄂王墓(趙孟頫)

岳鄂王墓(趙孟頫)

岳鄂王墓
岳鄂王がくがくおうはか
ちょうもう     
  • 〔出典〕 『松雪斎文集』巻四(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言律詩。離・危・旗・支・悲(平声支韻)。
  • 岳鄂王 … 南宋の武将・忠臣、岳飛のこと。1103~1141。相川湯陰(河南省湯陰県)の人。あざな鵬挙ほうきょおくりなぼく。何度も金を破り、主戦論を唱えたが、和平派の宰相秦檜しんかいの策謀によって投獄されて殺された。『岳武穆集』がある。また、書家としても有名。ウィキペディア【岳飛】参照。
  • 墓 … 浙江省杭州市西湖のほとりに岳王廟がある。ウィキペディア【岳王廟】参照。
  • 趙孟頫 … 1254~1322。元初の政治家、書家、画家、文人。呉興(浙江省)の人。あざなごう。松雪道人・鷗波道人などと号した。おくりなは文敏。もと宋の皇族だったが、元に仕えた。書は王羲之の書風を継承した。著に『松雪斎文集』十巻がある。ウィキペディア【趙孟フ】参照。
鄂王墳上草離離
鄂王がくおうふんじょう くさ離離りりたり
  • 墳上 … 墓の上。「墳」は土を丸く盛りあげて作った墓。
  • 離離 … 草がよく茂っているさま。
秋日荒涼石獸危
しゅうじつ こうりょう せきじゅうあやうし
  • 秋日 … 秋の日差し。
  • 荒涼 … 荒れはてて寂しい様子。
  • 石獣 … 石造りの獣の像。貴人の墓前に並べる風習があった。
  • 危 … 傾いて倒れそうなさま。
南渡君臣輕社稷
なん君臣くんしん しゃしょくかろんじ
  • 南渡 … 金に圧迫されて都を汴京べんけい(河南省開封市)から南の臨安(浙江省杭州市)に移したことを指す。
  • 君臣 … 君主とその臣下。君主とは南宋の初代皇帝、高宗(在位1127~1162)を指す。ウィキペディア【高宗 (宋)】参照。臣下は和平派の宰相秦檜しんかいらを指す。ウィキペディア【秦檜】参照。
  • 社稷 … 「社」は土地の神。「稷」は五穀の神。転じて国家をいう。
  • 軽 … 大切にしない。いい加減に扱う。
中原父老望旌旗
ちゅうげんろう せいのぞ
  • 中原 … 黄河の中下流域。ここでは金の領土となった北中国の地を指す。
  • 父老 … 村の主だった老人。または老人に対する尊称。
  • 望旌旗 … 天子の御旗の帰ってくるのを待ち望んでいた。「旌旗」は軍旗。金に連れ去られた北宋の最後の皇帝、欽宗(在位1126~1127)を指す。ウィキペディア【欽宗】参照。
英雄已死嗟何及
英雄えいゆうすです なげくもなんおよばん
  • 英雄 … 岳飛を指す。
  • 嗟 … 嘆く。「ああ」と読んでも良い。
  • 何及 … どうにもならない。間に合わない。
天下中分遂不支
てん ちゅうぶんして ついささえず
  • 天下中分 … 北は金、南は宋と、天下が二分されたことを指す。
  • 遂 … 「ついに」と読み、「かくして」「とうとう」と訳す。
  • 不支 … 持ちこたえることが出来なかった。
莫向西湖歌此曲
西せいむかってきょくうたうことかれ
  • 西湖 … 浙江省杭州市の西にある湖。ウィキペディア【西湖 (杭州市)】参照。
  • 向 … ここでは「於」と同じ。
水光山色不勝悲
水光すいこう さんしょく かなしみにえず
  • 水光 … 水面の輝き。
  • 山色 … 山の色。山の景色。
  • 不勝 … こらえきれない。耐えられない。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行