>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   初過漢江(無名氏)

初過漢江(無名氏)

初過漢江
はじめて漢江かんこうぐ)
めい
  • 七言絶句。看・闌・寒(平声寒韻)。
  • 漢江 … 川の名。漢水の別名。陝西省の秦嶺山脈に源を発し、南東に流れて湖北省の武漢で長江に注ぐ。ウィキペディア【漢江 (中国)】参照。
襄陽好向峴亭看
襄陽じょうよう 峴亭けんていむかってるに
  • 襄陽 … 湖北省北部の町。漢水の南岸。
  • 峴亭 … 襄陽の南、峴山の上にあった亭。峴山亭。
人物蕭條屬歳闌
人物じんぶつ蕭条しょうじょうとして歳闌さいらんぞく
  • 屬 … 「ちょうど……である」の意。『全唐詩』等では「値」に作る。
  • 歳闌 … 年の暮れ。
爲報習家多置酒
ためほうぜよ 習家しゅうか おお置酒ちしゅせよ
  • 習家 … 峴山の南にいた豪族、習氏の家。
  • 置酒 … 酒宴をすること。
夜來風雪過江寒
らい風雪ふうせつ こうぎてさむしと
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行