>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   登楼(羊士諤)

登楼(羊士諤)

登樓
登楼とうろう
ようがく
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻三百三十二、『羊士諤集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻二十二(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二、寛保三年刊(『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、64頁)、『唐詩品彙』巻五十二、『唐人万首絶句選』巻五、他
  • 七言絶句。城・聲・情(平声庚韻)。
  • ウィキソース「登樓 (羊士諤)」参照。
  • 詩題 … 「ろうのぼる」と読んでもよい。
  • 楼 … 高楼。高殿たかどの
  • この詩は、高楼に登って秋の物寂しい景色を眺め、故郷への思いを詠んだもの。作者が資州(四川省)の刺史に左遷されていた頃の作と思われる。
  • 羊士諤 … 756~?。中唐の詩人。泰山(山東省)の人。貞元元年(785)、進士に及第。順宗のとき、宣州(安徽省)巡官となったが、王叔文に睨まれて、ていしゅう寧化県(福建省寧化県)の尉に左遷された。憲宗の元和初年(807頃)、宰相李吉甫の推薦で監察御史に抜擢されたが、また宰相を批判したため、資州(四川省)の刺史に左遷された。『羊士諤詩集』一巻がある。ウィキペディア【羊士諤】参照。
槐柳蕭疎繞郡城
かいりゅう しょうとしてぐんじょうめぐ
  • 槐柳 … えんじゅの木と柳。ともに街路樹としてよく植えられた。ここでは郡の城市の並木を指す。ウィキペディア【エンジュ】参照。
  • 蕭疎 … 木の葉などが落ちて物寂しく、まばらな様子。蕭は、物寂しい。疎は、まばら。杜甫の「のぞく」に「束薪そくしんすで零落れいらくし、よううたしょうたり」(束薪已零落、瓠葉轉蕭疏)とある。束薪は、たばねた柴。瓠葉は、ユウガオの葉。ウィキソース「全唐詩/卷225」参照。
  • 疎 … 『唐五十家詩集』『古今詩刪』『唐詩品彙』『唐人万首絶句選』では「踈」に作る。異体字。『全唐詩』では「疏」に作る。同義。『万首唐人絶句』では「䟽」に作る。「䟽」は「疏」の異体字。
  • 郡城 … 郡の役所のある町。ここでは資陽の町を指す。
  • 繞 … 取り巻いている。『全唐詩』『唐五十家詩集』では「遶」に作る。同義。
夜添山雨作江聲
よるさんえて江声こうせい
  • 添山雨 … 山中に降った夜来の雨を加えて。
  • 作江声 … 川の水の流れる音がひとしお大きく聞こえる。
秋風南陌無車馬
しゅうふう 南陌なんぱく しゃ
  • 南陌 … 南の街道。陌は、街道。ここでは郡城の南に通ずる街道をいう。
  • 無車馬 … 行き交う車馬も見えない。
獨上高樓故國情
ひと高楼こうろうのぼる こくじょう
  • 故国情 … 故郷への思い。故国は、故郷と同じ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行