>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   郡中即事(羊士諤)

郡中即事(羊士諤)

郡中即事
ぐんちゅうそく
ようがく
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻三百三十二、『羊士諤集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻二十二(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二、寛保三年刊(『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、64頁)、『唐詩品彙』巻五十二、『唐人万首絶句選』巻五、『唐百家詩選』巻十一、他
  • 七言絶句。殘・寒・干(平声寒韻)。
  • ウィキソース「郡中即事三首」参照。
  • 詩題 … 「はすはなもてあそぶ」(翫荷花)とするテキストもある。『全唐詩』では「郡中即事三首 其二」に作り、二首目の句末に「此首題一作翫荷花」とある。『唐五十家詩集本』『万首唐人絶句』『唐百家詩選』では「郡中即事二首 其一」に作る。『唐人万首絶句選』では「郡中」に作る。
  • 郡中 … 郡の役所の中で。
  • 即事 … 目の前の情景や事柄に即して、見たままに詠じたもの。
  • この詩は、郡の役所での宴席で、見たままの情景を即興的に詠んだもの。作者が資州(四川省)の刺史に左遷されていた頃の作と思われる。
  • 羊士諤 … 756~?。中唐の詩人。泰山(山東省)の人。貞元元年(785)、進士に及第。順宗のとき、宣州(安徽省)巡官となったが、王叔文に睨まれて、ていしゅう寧化県(福建省寧化県)の尉に左遷された。憲宗の元和初年(807頃)、宰相李吉甫の推薦で監察御史に抜擢されたが、また宰相を批判したため、資州(四川省)の刺史に左遷された。『羊士諤詩集』一巻がある。ウィキペディア【羊士諤】参照。
紅衣落盡暗香殘
こうくして暗香あんこうのこ
  • 紅衣 … 蓮の赤い花びら。蓮の花びらを赤い着物に喩えたもの。庾信の「ほうじょうかんる」(『古詩紀』巻一百二十五)に「槐庭かいていりょくれ、れんこうつ」(槐庭垂緑穗、蓮浦落紅衣)とある。蓮浦は、蓮の生えた水辺。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷125」参照。
  • 暗香 … どこからともなく漂ってくるかすかな香り。そこはかとない香り。ほのかな香り。暗は、外に現れないもの。隠れているもの。ここでは蓮の花の香りをいう。許渾の「故友の旧居をよぎる」(『全唐詩』巻五百三十)に「高竹疏翠を動かし、早蓮暗香をひるがえす」(高竹動疏翠、早蓮飄暗香)とある。ウィキソース「過故友舊居」参照。
葉上秋光白露寒
ようじょうしゅうこう はくさむ
  • 葉上 … 丸く大きな蓮の葉の上。
  • 秋光 … 秋の光。庾信の「霊法師の昆明池に遊ぶに和す二首 其二」(『文苑英華』巻一百六十四)に「しゅうこう晩天ばんてんうるわしく、げきちゅうせんうかぶ」(秋光麗晚天、鷁舸泛中川)とある。晩天は、夕方の空。鷁舸は、鷁首の飾りのある船。中川は、中位の川。ウィキソース「文苑英華 (四庫全書本)/卷0164」参照。
  • 白露 … 露の美称。しらつゆ。
  • 寒 … 寒々と輝いている。
越女含情已無限
越女えつじょじょうふくむことすでかぎ
  • 越女 … 越(今の浙江省)の国の女。越の国は西施を代表として、美人の産地といわれた。ここでは郡の役所の宴席での妓女を指す。『史記』楚世家に「荘王そうおうひだりていいだき、みぎ越女えつじょいだき、しょうあいだす」(莊王左抱鄭姬、右抱越女、坐鐘鼓之閒)とある。ウィキソース「史記/卷040」参照。
  • 越 … 『古今詩刪』では「趙」に作る。
  • 含情 … 感情をおさえて胸の中にしまっておき、そぶりでそれとなく表すこと。ここでは秋の愁いを胸に抱くこと。江淹の「冠軍建平王に従い、廬山の香炉峰に登る」(『文選』巻二十二)に「らんいてもとよりおおく、かぜのぞんでもくしてじょうふくむ」(藉蘭素多意、臨風默含情)とある。ウィキソース「從冠軍建平王登廬山香爐峰」参照。
  • 已無限 … (愁いが)もはや限りないほど深い。
莫教長袖倚闌干
長袖ちょうしゅうをして闌干らんかんらしむるかれ
  • 長袖 … 長い舞の袖。舞衣まいぎぬの嬌艶なるさまをいう。『韓非子』五蠹ごと篇に「げんいわく、長袖ちょうしゅうい、せんう、と」(鄙諺曰、長袖善舞、多錢善賈)とある。ウィキソース「韓非子/五蠹」参照。
  • 闌干 … 欄干。手り。『唐五十家詩集本』では「欄杆」に作る。『万首唐人絶句』では「欄干」に作る。すべて同じ。
  • 莫教~倚闌干 … 欄干にもたれさせてはならない。うられた蓮の姿を眺めたら、よりいっそう愁いを増すであろうから。倚は、寄りかかる。もたれる。
  • 教 … 「(~をして)…せしむ」と読み、「(~に)…させる」と訳す。使役の助動詞。
  • 莫 … 「~(こと)なかれ」と読み、「~してはいけない」「~するな」と訳す。禁止の意を表す。「勿」も同じ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行