>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   嘉陵駅(武元衡)

嘉陵駅(武元衡)

嘉陵驛
りょうえき
元衡げんこう
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻三百十七、『武元衡集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻二十三(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二、寛保三年刊(『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、64頁)、『文苑英華』巻二百九十八、『唐詩品彙拾遺』巻四、『唐詩別裁集』巻二十、『唐人万首絶句選』巻四、他
  • 七言絶句。川・烟・天(平声先韻)。
  • ウィキソース「漢苑行二首」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』『唐五十家詩集本』『万首唐人絶句』『文苑英華』『唐詩別裁集』『唐人万首絶句選』では「嘉陵駅に題す」(題嘉陵驛)に作る。
  • 嘉陵駅 … 今の四川省広元市の西にあった宿駅。『大清一統志』保寧府に「嘉陵古駅は、広元県の西三里に在り、唐時は駅道なり」(嘉陵古驛、在廣元縣西三里、唐時驛道也)とある。ウィキソース「欽定大清一統志 (四庫全書本)/卷298」参照。
  • 駅 … 街道筋にあって、旅人を泊めたり、荷物を運ぶ馬や人夫などの交換をする所。宿駅。宿場。うまや。
  • この詩は、元和二年(807)、剣南節度使として蜀の成都へ赴く途中で作ったもの。難所として有名な蜀の桟道を行く辛さを詠んでいる。
  • 武元衡 … 758~815。中唐の詩人。河南こう(河南省えん市の南)の人。あざな伯蒼はくそう。建中四年(783)、進士に及第。徳宗に才を認められ、華原県令・比部員外郎・右司郎中・御史中丞・太子右庶子を歴任した。憲宗が即位すると、戸部事郎に進み、元和二年(807)正月、門下侍郎・同中書門下平章事(宰相)に抜擢された。同年十月、宰相のまま剣南西川節度使に任ぜられ、蜀に赴いた。元和八年(813)、長安に戻され宰相の実務に復帰した。元和十年(815)六月三日未明、出勤のため靖安里の私邸を出てまもなく暗殺された。『武元衡集』三巻がある。ウィキペディア【武元衡】参照。
悠悠風旆遶山川
悠悠ゆうゆうたる風旆ふうはい 山川さんせんめぐ
  • 悠悠 … ここでは旗がゆったりと揺れ動くさま。『詩経』小雅・車攻篇に「蕭蕭しょうしょうとしてうまいななき、悠悠ゆうゆうたる旆旌はいせい」(蕭蕭馬鳴、悠悠旆旌)とある。旆旌は、旗。旆は、端が二つに分かれた旗。旌は、鳥の羽を竿の先につけた旗。ウィキソース「詩經/車攻」参照。
  • 風旆 … 風に翻る旗。風旗とも。旆は、末端が二つに分かれて燕尾の形をした軍旗。『爾雅』釈天篇の注に「帛を以てちょうまつを継続して燕尾を為す者、旆と名づく」(以帛繼續旐末爲燕尾者、名旆)とある。ウィキソース「爾雅註疏/卷06」参照。
  • 山川 … (険しい)山や川。
  • 遶 … めぐりながら進む。『全唐詩』『唐五十家詩集本』『万首唐人絶句』『文苑英華』『唐詩別裁集』『唐人万首絶句選』では「繞」に作る。同義。
山驛空濛雨作煙
山駅さんえき 空濛くうもうとして あめ けむり
  • 山駅 … 山中の宿駅。山中の宿場。
  • 空濛 … 霧雨が降って、ぼんやりと薄暗いさま。畳韻の語。謝朓の「朝雨を観る」(『文選』巻三十)に「空濛として薄霧の如く、散漫として軽埃けいあいに似たり」(空濛如薄霧、散漫似輕埃)とある。ウィキソース「昭明文選/卷30」参照。
  • 濛 … 『唐詩品彙拾遺』では「狭」に作る。
  • 雨作煙 … 霧雨が煙のように立ち込めている。
  • 煙 … 『箋註唐詩選』『文苑英華』では「烟」に作る。異体字。
  • 作 … 『全唐詩』『唐五十家詩集本』『万首唐人絶句』では「似」に作る。
路半嘉陵頭已白
みちりょうなかばにして こうべすでしろ
  • 路 … 長安から任地の成都までの旅路。
  • 半嘉陵 … ここ嘉陵駅まで来てやっと半分となったが。
  • 頭已白 … 苦労のせいで髪の毛はすでに真っ白になってしまった。
蜀門西更上靑天
蜀門しょくもん 西にしのかた さら青天せいてんのぼらん
  • 蜀門 … 山名。四川省剣閣県の北にある剣門山(大剣山・小剣山)。または四川省と陝西省との境界の地。陳子昂「西還至散関答喬補闕知之」に「蜀門ここより始まり、雲山まさに浩然たり」(蜀門自茲始、雲山方浩然)とある。ウィキソース「西還至散關答喬補闕知之」参照。
  • 西 … 「にしのかた」と読み、「西のほうで」と訳す。
  • 更上 … 『全唐詩』では「上更」に作り、「一作更上」とある。『文苑英華』には「集作上更」とある。『唐五十家詩集本』では「上更」に作る。
  • 上青天 … それは大空に登るように困難なことである。李白の「蜀道難」に「噫吁嚱ああ、危ういかな高いかな、蜀道の難きは、青天に上るよりも難し」(噫吁嚱、危乎高哉、蜀道之難、難於上靑天)とある。ウィキソース「蜀道難 (李白)」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行