>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   送盧起居(武元衡)

送盧起居(武元衡)

送盧起居
きょおく
元衡げんこう
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻三百十七、『武元衡集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻二十三(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二、寛保三年刊(『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、64頁)、『唐詩品彙』巻五十二、他
  • 七言絶句。輝・衣・歸(平声微韻)。
  • ウィキソース「全唐詩/卷317」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』では「重ねて盧三十一起居を送る」(重送盧三十一起居)に作る。『唐五十家詩集本』では「重送盧三十一居」に作る。三十一は、排行(一族中の兄弟やいとこなどの年齢による序列)。また作者には「洛陽の諸公とともに盧起居をはなむけす」(同洛陽諸公餞盧起居)と題する五律がある。ウィキソース「全唐詩/卷316」参照。「重ねて」とは、先にこの五律を詠み、そのあとに追加して作られたのであろう。
  • 盧 … 姓。人物については不明。
  • 起居 … 官名。漢代は起居注。天子の側近に仕えて、その言行を記録する官。隋代には中書省に起居舎人が置かれ、唐代には門下省に起居郎、中書省に起居舎人の二官が置かれた。
  • 送 … 見送る。
  • この詩は、起居郎または起居舎人の職にあった盧某を見送って詠んだもの。
  • 武元衡 … 758~815。中唐の詩人。河南こう(河南省えん市の南)の人。あざな伯蒼はくそう。建中四年(783)、進士に及第。徳宗に才を認められ、華原県令・比部員外郎・右司郎中・御史中丞・太子右庶子を歴任した。憲宗が即位すると、戸部事郎に進み、元和二年(807)正月、門下侍郎・同中書門下平章事(宰相)に抜擢された。同年十月、宰相のまま剣南西川節度使に任ぜられ、蜀に赴いた。元和八年(813)、長安に戻され宰相の実務に復帰した。元和十年(815)六月三日未明、出勤のため靖安里の私邸を出てまもなく暗殺された。『武元衡集』三巻がある。ウィキペディア【武元衡】参照。
相如擁傳有光輝
しょうじょ でんようしてこう
  • 相如 … 前漢の文人、司馬相如。前179~前117。成都(四川省)の人。あざなちょうけい。辞賦にすぐれ、武帝に召されて「上林の賦」などを作り、漢魏六朝時代の文人の模範となった。夫人は卓文君で駆け落ちの話は有名。ウィキペディア【司馬相如】参照。
  • 擁伝 … 四頭立ての伝車に乗って。伝は、四頭立ての駅伝の馬車。擁は、抱きかかえる。取り囲む。ここでは伝車に乗ること。司馬相如が漢の武帝の命を受け、蜀の西方のえびす(西夷)と交渉するため、四乗(四台)の伝車を連ねて故郷の蜀へ帰った。そのとき蜀の太守以下が出迎え、県令が護送するという歓迎ぶりで、相如は故郷に錦を飾ることができたという故事を踏まえる。『史記』司馬相如伝に「相如曰く、きょうさくぜんぼうは、蜀に近く、道も亦た通じ易し。秦の時、嘗て通じて郡県と為すも、漢興るに至りてむ。今、誠に復た通じて為に郡県を置かば、南夷にまさらん、と。天子以て然りと為す。乃ち相如を拝してちゅうろうしょうと為し、節を建て往きて使いせしむ。副使は王然おうぜんじゅうこく呂越人りょえつじん、四乗の伝をせ、巴蜀の吏の幣物へいぶつに因りて、以て西夷にまいなう。蜀に至る。蜀の太守以下郊迎し、県令、弩矢どしを負いて先駆す。蜀人以て寵と為す」(相如曰、邛、筰、冄、駹者、近蜀、道亦易通。秦時嘗通爲郡縣、至漢興而罷。今誠復通爲置郡縣、愈於南夷。天子以爲然。乃拜相如爲中郎將、建節往使。副使王然於壺充國呂越人、馳四乘之傳、因巴蜀吏幣物、以賂西夷。至蜀。蜀太守以下郊迎、縣令負弩矢先驅。蜀人以爲寵)とある。ウィキソース「史記/卷117」参照。
  • 有光輝 … 光栄に満ちたものである。
  • 輝 … 『万首唐人絶句』では「暉」に作る。同義。
何事闌干淚溼衣
何事なにごとぞ 闌干らんかんとしてなみだころも湿うるお
  • 何事 … いったいどうしたことか。
  • 闌干 … 涙がしきりに流れ出る様子。畳韻の語。白居易「長恨歌」に「ぎょくよう寂寞せきばくとしてなみだ闌干らんかんたり、梨花りかいっはるあめぶ」(玉容寂寞淚闌干、梨花一枝春帶雨)とある。ウィキソース「長恨歌」参照。
  • 湿 … しっとりと濡らす。『唐五十家詩集本』『古今詩刪』『唐詩品彙』では「濕」に作る。本来は「溼」が旧字で「濕」が俗字。
舊府東山餘妓在
きゅう 東山とうざん 余妓よぎ
  • 旧府 … 元の役所。旧任地。洛陽を指す。『晋書』羊祜伝に「時にちょう官を喪えば、後人こうじん之をにくみて、多く旧府をかいす」(時長吏喪官、後人惡之、多毀壞舊府)とある。長吏は、地位の高い役人。ウィキソース「晉書/卷034」参照。
  • 東山 … 浙江省紹興市上虞区の西南に位置する。別名謝安山。晋の謝安が東山に隠棲したとき、いつも多くの妓女を従えて、行楽に耽ったという。『晋書』謝安伝に「安、情を丘壑にほしいままにすと雖も、然るに遊賞するごとに、必ず妓女を以て従わしむ」(安雖放情丘壑、然每遊賞、必以妓女從)とある。ウィキソース「晉書/卷079」参照。
  • 余妓 … 多くの妓女。餘は、『説文解字』巻五下、食部に「おおきなり」(饒也)とある。ウィキソース「說文解字/05」参照。
重將歌舞送君歸
かさねて歌舞かぶってきみかえるをおくらん
  • 重 … もう一度。
  • 歌舞 … (妓女の)歌と舞。歌い舞うこと。
  • 将 … 「~をもって」と読み、「~によって」と訳す。「以」に同じ。
  • 送君帰 … 君が故郷へ帰るのを見送ることとしよう。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行