>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   題竹林寺(朱放)

題竹林寺(朱放)

題竹林寺竹林寺ちくりんじだいす)
朱放しゅほう     
  • 五言絶句。多・過(平声歌韻)。
  • 竹林寺 … 湖北省江陵にある竹林寺なのか、江西省廬山にある竹林寺なのかはっきりしないが、作者が江西節度参謀だったので廬山の方の可能性が高い。
  • 竹 … 『全唐詩』には「一作鶴」との注がある。
歳月人閒促
歳月さいげつ 人間にんげんせま
烟霞此地多
烟霞えんか おお
  • 烟霞 … もややかすみで、ぼんやりとかすんでみえる景色。
殷勤竹林寺
殷勤いんぎんにす 竹林寺ちくりんじ
  • 殷勤 … ここでは、ねんごろに竹林寺の幽寂さを観賞すること。
更得幾囘過
さら幾回いくかいぎることを
  • 更 … 『全唐詩』では「能」に作り、「一作更」との注がある。
  • 過ぎる … 訪れる。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行