>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   閣夜(杜甫)

閣夜(杜甫)

閣夜
かく
杜甫とほ
  • 七言律詩。宵・搖・樵・寥(平声蕭韻)。
  • 閣夜 … 閣は西閣。杜甫がしゅうで一時住んでいた家。揚子江に面した断崖の上にあった。この家で過ごす夜の光景と感慨を詠じた詩。
  • 『全唐詩』巻229所収。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
歳暮陰陽催短景
さい 陰陽いんよう 短景たんけいうなが
  • 歳暮 … 「さいぼ」と読む。年の暮れ。「おせい」の意ではない。
  • 陰陽 … 陰と陽の二気。
  • 短景 … 短い日ざし。
天涯霜雪霽寒宵
天涯てんがい霜雪そうせつ かんしょう
  • 天涯 … 空の果て。
  • 霜雪 … 霜と雪。底本(『漢文大系』冨山房)では「風雪」に作るが、諸本を従い改めた。
  • 寒宵 … 寒い夜。
  • 霽 … 晴れわたる。
五更鼓角聲悲壯
こうかく こえそう
  • 五更 … 午前四時ごろ。夜明け近く。
  • 鼓角 … 太鼓とつの笛。軍隊で時刻を告げるために打ち鳴らす。
三峽星河影動搖
さんきょうせい かげ動揺どうよう
  • 星河 … 天の川。
  • 影動揺 … 「三峽の水面に映った天の川の影が揺れ動く」とする説と、「天の川の光が揺れ動く。これは戦乱が起こる不吉な前兆」とする説の二つがある。
野哭千家聞戰伐
こくせん 戦伐せんばつきこ
  • 野哭 … 葬儀のとき、野原の墓の前で死者の遺族たちが大声で泣き叫ぶこと。
  • 千家 … 多くの家。
  • 千 … 『全唐詩』では「幾」に作り、「一作千」とある。
  • 戦伐 … 戦いのこと。
夷歌幾處起漁樵
夷歌いか幾処いくしょ ぎょしょうよりおこ
  • 夷歌 … 蛮人の歌。異民族の歌。
  • 幾 … 『全唐詩』では「數」に作り、「一作是」とある。
  • 漁樵 … 漁師や、きこり。
臥龍躍馬終黄土
りょう やく ついこう
  • 臥竜 … 諸葛亮孔明のこと。臥竜先生と呼ばれた。『三国志』蜀書・諸葛亮伝に「時に先主新野に屯す。徐庶先主に見ゆ、先主之を器とす。先主に曰いて謂く、諸葛孔明は臥竜なり」(時先主屯新野。徐庶見先主、先主器之。謂先主曰、諸葛孔明者、臥龍也)とある。ウィキペディア【諸葛亮】参照。
  • 躍馬 … 公孫述のこと。左思の「蜀都賦」に「一人隘を守れば、万夫も向う莫し。公孫は馬を躍らして帝と称す」(一人守隘、萬夫莫向。公孫躍馬而稱帝)とあるのに基づく。ウィキペディア【公孫述】参照。
  • 黄土 … 黄泉。あの世。
人事音書漫寂寥
じん 音書いんしょ まんせきりょう
  • 人事 … 人の世の営み。
  • 音書 … 手紙。
  • 音書漫 … 『全唐詩』では「依依漫」に作り、「一作音塵日、一作音書頗」とある。
  • 漫 … そぞろに。いたずらに。
  • 寂寥 … むなしく寂しい。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行