>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   秋興四首 其一(杜甫)

秋興四首 其一(杜甫)

秋興四首 其一
秋興しゅうきょうしゅ いち
杜甫とほ
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻五、『分門集注杜工部詩』巻二(『四部叢刊 初編集部』所収)、『杜詩詳注』巻十七、『全唐詩』巻二百三十、『唐詩品彙』巻八十四、他
  • 七言律詩。林・森・陰・心・砧(平声侵韻)。
  • ウィキソース「秋興八首之一」参照。
  • 秋興 … 秋の感興。秋に感じる情趣。秋に感じての思い。大暦元年(766)の秋、しゅう(重慶市奉節県)での作。作者五十五歳。原作は八首あるが、『唐詩選』では第一・第三・第五・第七首を採り出し、「秋興四首」と命名している。
  • 秋興四首 其一 … 『全唐詩』等では「秋興八首 其一」に作る。『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「秋興三首 其一」に作る。この四部叢刊本では、巻二に第一首から第三首を収め、「秋興三首」と命名し、巻六に第四首から第八首を収め、「秋興五首」と命名している。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざな子美しび。祖父は初唐の詩人、杜審言。若い頃、科挙を受験したが及第できず、各地を放浪して李白らと親交を結んだ。安史の乱では賊軍に捕らえられたが、やがて脱出し、新帝しゅくそうのもとで左拾遺に任じられた。その翌年左遷されたため官を捨てた。四十八歳の時、成都(四川省成都市)の近くのかんけいに草堂を建てて四年ほど過ごしたが、再び各地を転々とし一生を終えた。中国最高の詩人として「詩聖」と呼ばれ、李白とともに「李杜りと」と並称される。『杜工部集』がある。ウィキペディア【杜甫】参照。
玉露凋傷楓樹林
ぎょく凋傷ちょうしょうす 楓樹ふうじゅはやし
  • 玉露 … ぎょくのように美しい露。日本語での最高級の煎茶の名ではない。
  • 凋傷 … しぼませ、枯れさせる。
  • 楓樹 … ふうの木。カエデの一種。日本のカエデとは異なる。ウィキペディア【フウ】参照。
巫山巫峽氣蕭森
ざん きょう  しょうしんたり
  • 巫山 … しゅう(重慶市奉節県)の東にある山。ウィキペディア【巫山】参照。
  • 巫峽 … 巫山の直下にある峡谷。三峡の一つ。ウィキペディア【巫峡】参照。
  • 気 … 秋気。秋の気配。
  • 蕭森 … 静かで物寂しいさま。静かで身の引き締まるような様子。
江間波浪兼天湧
江間こうかんろう てんねて
  • 江間 … 長江の中。
  • 波浪 … 波。
  • 兼天湧 … 天にも届くほどに高く湧き立つ。「兼天」は、天と一つになる。転じて、天にも届くほどになる。
塞上風雲接地陰
さいじょう風雲ふううん せっしてくも
  • 塞上 … とりでのあたり。「塞」は、城塞。しゅうの町を指す。
  • 風雲 … 風をはらむ雲。
  • 接地陰 … 大地に接するかと思われるほど、低く垂れ込めて暗い。
叢菊兩開他日涙
叢菊そうきくふたたびひらく じつなみだ
  • 叢菊 … 群がって生えている菊。群生する菊。
  • 両開 … (菊の花が)二度開いた。二度咲いた。二度目の秋を迎えたことをいう。
  • 両 … 『全唐詩』には「一作重」とある。
  • 他日涙 … 過ぎ去った日々を追憶して流す涙。また、過去に流した涙と解釈する説もある。
  • 他 … 『唐詩選』では「佗」に作るが、諸本に従い改めた。同義。
孤舟一繋故園心
しゅうひとえにつなぐ えんこころ
  • 孤舟 … 一そうの小舟。
  • 一繋 … ずっと繋がれたままになっている。
  • 故園心 … 故郷を懐かしむ心(を募らせる)。
寒衣處處催刀尺
かん 処処しょしょ 刀尺とうせきうなが
  • 寒衣 … 冬の着物。冬服。
  • 処処 … あちこちで。どこの家でも。
  • 刀尺 … 「とうしゃく」と読んでもよい。裁縫用のはさみと、ものさし。転じて、裁縫のこと。
  • 催 … 早くするようにとき立てられる。追い立てられる。
白帝城高急暮砧
白帝はくてい しろたかくして ちんきゅうなり
  • 白帝城 … 四川省奉節県の東、白帝山上にあった古城。劉備がこの城で没している。ウィキペディア【白帝城】参照。
  • 暮砧 … 夕暮れに打つきぬたの音。「砧」は、布を打つときに下に置く石の台。
  • 急 … せわしなく響く。慌ただしく響き渡る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行