>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   登楼(杜甫)

登楼(杜甫)

登樓
登楼とうろう
杜甫とほ
  • 七言律詩。心・臨・今・侵・吟(平声侵韻)。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざな子美しび。祖父は初唐の詩人、杜審言。若い頃、科挙を受験したが及第できず、各地を放浪して李白らと親交を結んだ。安史の乱では賊軍に捕らえられたが、やがて脱出し、新帝しゅくそうのもとで左拾遺に任じられた。その翌年左遷されたため官を捨てた。四十八歳の時、成都(四川省成都市)の近くのかんけいに草堂を建てて四年ほど過ごしたが、再び各地を転々とし一生を終えた。中国最高の詩人として「詩聖」と呼ばれ、李白とともに「李杜りと」と並称される。『杜工部集』がある。ウィキペディア【杜甫】参照。
花近高樓傷客心
はな高楼こうろうちかくして 客心かくしんいたましむ
萬方多難此登臨
万方ばんぽう多難たなんなるとき ここに登臨とうりん
錦江春色來天地
錦江きんこう春色しゅんしょく てんたり
  • 色來 … 『全唐詩』には「一作水流」とある。
玉壘浮雲變古今
玉塁ぎょくるい浮雲ふうん 古今ここんへん
北極朝廷終不改
北極ほくきょくちょうてい ついにあらたまらず
西山寇盜莫相侵
西山せいざん寇盗こうとう あいおかすことなかれ
可憐後主還祠廟
あわれむべし 後主こうしゅもまたびょうまつらる
日暮聊爲梁甫吟
にち いささか梁甫りょうほぎんをなす
  • 甫 … 『杜詩詳注』では「父」に作り、「甫同」とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行