>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   題張氏隠居(杜甫)

題張氏隠居(杜甫)

題張氏隱居張氏ちょうし隠居いんきょだいす)
杜甫とほ     
  • 七言律詩。求・幽・丘・遊・舟(平声尤韻)。
  • 『全唐詩』巻224所収。二首連作の第一首。ウィキソース「全唐詩/卷224」(12 題張氏隱居二首)参照。
  • 張氏 … 人物については不明。
  • 隠居 … 俗世を避けた住居。隠居所。隠宅。
  • 題 … 詩を隠宅の壁に書きつける。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
春山無伴獨相求
春山しゅんざんともひとあいもと
  • 伴 … 道連れ。
  • 相求 … 友を尋ね求める。
伐木丁丁山更幽
伐木ばつぼく丁丁とうとう やまさらゆうなり
  • 丁丁 … 木を伐採する音。『詩経』小雅、伐木の詩に「木を伐ること丁丁とうとうたり、鳥鳴くこと嚶嚶おうおうたり。幽谷より出でて、喬木に遷る。嚶として其れ鳴くは、其の友を求むる声」(伐木丁丁、鳥鳴嚶嚶。出自幽谷、遷于喬木。嚶其鳴矣、求其友聲)とあるのをふまえる。ウィキソース「詩經/伐木」参照。
  • 幽 … 奥深く静かなこと。
澗道餘寒歴冰雪
澗道かんどう余寒よかん 冰雪ひょうせつ
  • 澗道 … 谷川ぞいの道。
  • 余寒 … 春になってもまだ残っている寒さ。
  • 冰雪 … 氷雪。氷と雪。「冰」は「氷」の異体字。
  • 歴 … 通る。
石門斜日到林丘
石門せきもん斜日しゃじつ 林丘りんきゅういた
  • 石門 … 山の名。山東省曲阜の付近にある石門山のことか。
  • 斜日 … 夕日。
  • 林丘 … 木の茂る丘。
不貪夜識金銀氣
むさぼらずしてよる金銀きんぎん
  • 不貪 … 物を貪る心がないから。無欲だから。
  • 金銀気 … 土中に埋蔵されている金銀から立ちのぼる気。
遠害朝看麋鹿遊
がいとおざかってあした麋鹿びろくあそぶを
  • 害 … 世俗の名利の害。
  • 麋鹿 … 鹿の類い。
乘興杳然迷出處
きょうじょうじては杳然ようぜんとして出処しゅっしょまよ
  • 乗興 … 興趣のわくままに。
  • 杳然 … 奥深く遠いこと。ここでは特にぼんやりした気持ちになる様子。
  • 出 … 『全唐詩』には「一作去」との注がある。
  • 出処 … ここでは帰路に迷うことと、出処進退に迷うこととをかけている。
對君疑是泛虚舟
きみたいしてうたがうらくは虚舟きょしゅううかべしかと
  • 虚舟 … 人の乗っていない舟。『荘子』山木篇に、「ふねならべてかわわたるに、虚船きょせんり、きたりてふねるれば、惼心へんしんひとりといえどいからず」(方舟而濟於河、有虚船、來觸舟、雖有惼心之人不怒)とあり、舟で川を渡るとき、人の乗っていない舟が来て衝突したら、いくら意固地な人でも腹を立てないという話にもとづく。張氏の無心さをたとえる。ウィキソース「莊子/山木」参照。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行