>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   五日観妓(万楚)

五日観妓(万楚)

五日觀妓五日いつかる)
ばん     
  • 七言律詩。紗・華・花・斜・家(平声麻韻)。
  • 五日 … 五月五日、端午の節句。
  • 観妓 … 妓女の歌舞を見る。この詩は、この様子を詠じている。
  • 万楚 … 生没年不詳。盛唐の詩人。開元の進士。
西施謾道浣春紗
西施せいし まんう 春紗しゅんさあらうと
  • 西施 … 春秋時代の越の美女。ウィキペディア【西施】参照。
  • 謾道 … いいかげんなことを言う。「謾」は「漫」に同じ。「道」はいう。
  • 浣春紗 … 春のうすぎぬを洗う。「紗」はうすぎぬ。西施ははじめ紗を織って谷川で洗っていた田舎娘であったという。
碧玉今時鬭麗華
碧玉へきぎょく 今時こんじ 麗華れいかたたかわす
  • 碧玉 … 美女をいう。
  • 麗華 … 美人の容色のあでやかな様子。
  • 闘 … 競う。
眉黛奪將萱草色
眉黛びたい奪将だっしょうす 萱草けんそういろ
  • 眉黛 … まゆずみ。
  • 奪将 … 奪い取る。「将」は動詞のあとにつける助字。
  • 萱草 … わすれぐさ。
紅裙妬殺石榴花
紅裙こうくん妬殺とさつす 石榴せきりゅうはな
  • 紅裙 … 赤いすそ
  • 妬殺 … ひどくねたむ。「殺」は動詞のあとにつける助字。
  • 石榴 … ざくろ。
新歌一曲令人豔
新歌しんか一曲いっきょく ひとをしてうらやましめ
  • 新歌 … 新しい流行歌。
  • 豔 … 羨慕させる。
醉舞雙眸斂鬢斜
酔舞すいぶ双眸そうぼう びんななめなるをおさ
  • 酔舞 … 酔って舞う。
  • 双眸 … 両方のひとみ。
  • 斂鬢斜 … ここでは乱れた髪をなでつけて直すこと。
誰道五絲能續命
たれう 五糸ごしめいぐと
  • 誰道 … いったい誰が言い出したことか。
  • 五糸 … 五月五日に五色の糸をひじに結ぶと寿命が延びるといい、これを「続命」と呼んだ。
卻令今日死君家
かえって今日こんにちきみいえせしむ
  • 君家 … 妓女の家。
  • 死 … 死のうとまで思いつめる。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行