>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   秦州雑詩(杜甫)

秦州雑詩(杜甫)

秦州雜詩
秦州しんしゅう雑詩ざっし
杜甫とほ
  • 五言律詩。難・乾・寒・壇(平声寒韻)。
  • 秦州雜詩 … 『全唐詩』では「秦州雜詩二十首 其十九」に作る。
  • 秦州 … 現在の甘粛省天水市。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
鳳林戈未息
鳳林ほうりん ほこ いままず
  • 鳳林 … 現在の甘粛省臨夏県の西にあった関所名。『全唐詩』には「屬河州」とある。河州は甘粛省にかつて存在した州名。
  • 戈 … ほこ。転じて戦い。
魚海路常難
魚海ぎょかい みち つねかた
  • 魚海 … 鳳林の西にある湖の名。『全唐詩』には「在河州西」とある。
候火雲峰峻
候火こうか 雲峰うんぽうけわしく
  • 候火 … のろし。
  • 峰 … 『全唐詩』では「烽」に作り、「一作峯」とある。
懸軍幕井乾
懸軍けんぐん 幕井ばくせいかわ
  • 懸軍 … 敵中に深く進攻している軍隊。
  • 幕井 … 幕営地で掘った井戸。
  • 幕 … 『全唐詩』には「一作暮」とある。
風連西極動
かぜ西極せいきょくつらなりてうご
  • 西極 … 大地の西のはて。チベット、大宛などを指す。
月過北庭寒
つき北庭ほくていぎてさむ
  • 北庭 … 西域の天山山脈の北側一帯。現在のしんきょうウイグル自治区の吉木薩爾ジムサル県(旧称孚遠県)。
故老思飛將
故老ころう 飛将ひしょうおも
  • 故老 … 老人。
  • 飛将 … 前漢の名将李広(?~紀元前119年)のこと。匈奴から飛将軍といって恐れられた。
何時議築壇
いずれのとき築壇ちくだんせん
  • 時 … 『全唐詩』には「一作人」とある。
  • 議築壇 … 将軍の任命を議論すること。漢の高祖が壇を築いて、韓信を大将に任命する儀式を行なったという、『史記』淮陰侯わいいんこう伝の故事に基づく。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行