>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   房兵曹胡馬(杜甫)

房兵曹胡馬(杜甫)

房兵曹胡馬房兵曹ぼうへいそう胡馬こば
杜甫とほ     
  • 五言律詩。名・成・輕・生・行(平声庚韻)。
  • 房兵曹胡馬 … 房は姓。兵曹は官名、兵事をつかさどった。胡馬は西域地方に産した馬。『全唐詩』等では「房兵曹胡馬詩」に作る。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
胡馬大宛名
胡馬こば 大宛だいえん
  • 大宛 … 西域にあった国。良馬の産地として有名。
鋒稜瘦骨成
鋒稜ほうりょう 痩骨そうこつ
  • 鋒稜 … ほこ先のとがった角。
  • 痩骨 … 肉が引き締まって痩せた骨格。
竹批雙耳峻
たけぎて 双耳そうじけわしく
  • 竹批 … 竹をいだように、耳が鋭く尖っている様子。
  • 双耳 … 両耳。
風入四蹄輕
かぜりて 四蹄していかろ
  • 四蹄 … 四つのひづめ
所向無空闊
かうところ 空闊くうかつ
  • 空闊 … 無限に広がる空間。
眞堪託死生
しんせいたくするにえたり
驍騰有如此
驍騰ぎょうとう かくのごとき
  • 驍騰 … 馬が勇ましくて強いさま。
萬里可橫行
ばん 横行おうこうすべし
  • 横行 … 自由自在に駆け回ること。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行