>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   蜀山書舎図(高啓)

蜀山書舎図(高啓)

蜀山書舍圖
しょくざん書舎しょしゃ
こうけい     
  • 〔出典〕 『高太史大全集』巻十八(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。樹(上声麌韻、去声遇韻)、去・處(上声語韻、去声御韻)通用。
  • 蜀山 … 入谷仙介『中国詩人選集二集 10 高啓』(岩波書店、1962年)には「蜀山は湖州(浙江省呉興)の山の名」とあるが、確認できず。現在の行政区画で「浙江省湖州市呉興区湖東街道蜀山社区」という地名と「蜀山路」という通りがあるので、この辺りを指すのかもしれない。
  • 書舎 … 書斎。
  • 図 … 高啓の友人で、高啓・楊基・張羽とともに「ちゅう(蘇州の古称)のけつ」と呼ばれた詩人で画家のじょ(1335~1393、あざなは幼文)が蜀山に書斎を建てて住んでいた。その書斎を描いた絵。絵は未見。
  • この詩は高啓が蜀山の書斎の絵に詩を書きつけたもの。いわゆる題画詩。
  • 高啓 … 1336~1374。明初の詩人。長洲(江蘇省蘇州)の人。あざなてき、号はせいきゅう。洪武二(1369)年、明の太祖に招かれて『元史』の編纂に参加した。のち友人の罪に連座して、腰斬ようざんの刑に処せられた。『高青邱全集』十八巻がある。ウィキペディア【高啓】参照。
山月蒼蒼照煙樹
山月さんげつ 蒼蒼そうそうとして 煙樹えんじゅらす
  • 山月 … 山の上にかかった月。
  • 蒼蒼 … 月が青白いさま。
  • 煙樹 … もやの中にかすんで見える木々。
碧浪湖頭放船去
碧浪へきろうとう ふねはなちて
  • 碧浪湖頭 … 碧浪湖のほとり。現在の碧浪湖は、浙江省湖州市呉興区にある川の名。
  • 放船去 … 船を出して行く。
隔林夜半見孤燈
はやしへだてて はん とうれば
  • 隔林 … 湖畔の林の向こうに。
  • 夜半 … 夜中。
  • 孤灯 … ぽつんと一つ灯っているともし火。
知是幽人讀書處
る れ 幽人ゆうじんしょところなるを
  • 知 … わかる。
  • 幽人 … 俗世間を避けてひっそりと暮らしている人。隠遁者。「幽子」「幽客」「幽隠」も同じ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行