>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   送呂卿(高啓)

送呂卿(高啓)

送呂卿
呂卿りょけいおくる)
こうけい
  • 〔出典〕 『高太史大全集』巻十七(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。悠・舟・愁(平声尤韻)。
  • 呂卿 … 友人のひとりと思われるが、人物については不詳。
  • 高啓 … 1336~1374。明初の詩人。長洲(江蘇省蘇州)の人。あざなてき、号はせいきゅう。洪武二(1369)年、明の太祖に招かれて『元史』の編纂に参加した。のち友人の罪に連座して、腰斬ようざんの刑に処せられた。『高青邱全集』十八巻がある。ウィキペディア【高啓】参照。
遠汀斜日思悠悠
遠汀えんてい 斜日しゃじつ おも悠悠ゆうゆう
  • 遠汀 … 遠くのなぎさ。遥かな渚。遠くの波打ち際。
  • 斜日 … 夕日。
  • 悠悠 … 通常はゆったりと落ちついている様子の意であるが、ここでは友人との別れのため、憂鬱な気分が果てしなく続く様子。
花拂離觴柳拂舟
はなしょうはらい やなぎふねはら
  • 離觴 … 別離のさかずき。別れの杯。
  • 払 … (散る花びらが)かすめて飛ぶ。
  • 柳払舟 … 柳の枝が舟を撫でるように揺れる。
  • この句は「花払離觴」と「柳払舟」とが句中対になっている。
江北江南芳草遍
江北こうほく 江南こうなん 芳草ほうそうあまね
  • 江北江南 … 長江(揚子江)の北にも南にも。句中対。
  • 芳草 … よい香りのする若草。芳しい若草。
  • 遍 … 広がっている。
送君併得送春愁
きみおくってあわたり はるおくるのうれ
  • 併得 … 一緒に(悲しみが)湧き上がってきた。
  • 送春愁 … 過ぎゆく春を見送る寂しさ、悲しさ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行