>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   逢呉秀才復送帰江上(高啓)

逢呉秀才復送帰江上(高啓)

逢呉秀才復送歸江上
しゅうさいい、こうじょうかえるをおくる)
こうけい
  • 〔出典〕 『高太史大全集』巻十七(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。蹤・逢・鐘(平声冬韻)。
  • 呉 … 姓。人物については不詳。
  • 秀才 … 科挙の郷試の受験資格を得た者。生員。ウィキペディア【秀才 (科挙)】参照。
  • 復 … 「また」と読み、「もう一度」「再び」と訳す。
  • 江上 … 揚子江のほとり。
  • 高啓 … 1336~1374。明初の詩人。長洲(江蘇省蘇州)の人。あざなてき、号はせいきゅう。洪武二(1369)年、明の太祖に招かれて『元史』の編纂に参加した。のち友人の罪に連座して、腰斬ようざんの刑に処せられた。『高青邱全集』十八巻がある。ウィキペディア【高啓】参照。
江上停舟問客蹤
こうじょう ふねとどめて かくしょう
  • 客蹤 … 旅をして歩いた跡。流浪した跡。
  • 蹤 … 『高太史大全集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「踪」に作る。同義。
亂前相別亂餘逢
乱前らんぜんあいわかれて らん
  • 乱 … 至正二十(1360)年、大漢国を建て皇帝となったちんゆうりょうと、明の太祖、しゅげんしょうとが数度にわたり抗争を繰り返し、至正二十三(1363)年、ようの戦いで陳友諒が敗死した。「乱」とはこの前後を指すと思われる。ウィキペディア【ハ陽湖の戦い】参照。
  • 乱余 … 戦乱の後。
暫時握手還分手
ざん にぎって わか
  • 暫時 … しばらくの間。
  • 還 … 「また」と読み、「もう一度」「再び」と訳す。「復」と同じ。中世以後の俗語。
暮雨南陵水寺鐘
暮雨ぼうなんりょう すいかね
  • 暮雨 … 夕暮れの雨。
  • 南陵 … 地名。安徽省蕪湖市の南にある。ウィキペディア【南陵県】参照。
  • 水寺 … 水辺の寺。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行