>   漢詩   >   歴代詩選:金   >   論詩三十首 其四(元好問)

論詩三十首 其四(元好問)

論詩三十首 其四
ろん三十首さんじっしゅ
げん好問こうもん
  • 〔出典〕 『遺山先生文集』巻十一(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。新・淳・人(平声真韻)。
  • ウィキソース「論詩絶句三十首」参照。
  • 論詩三十首 … 題下に「ていちゅうとし三郷さんごうにて作る」(丁丑歳、三郷作)との自注がある。興定元(1217)年、作者二十八歳の時、河南省宜陽県の三郷鎮で作られた作品。三十首連作の四番目。漢魏から唐宋までの詩人や詩の流派について、七言絶句の形式で論評を加えたもの。この詩は陶淵明(365~427)について論評している。
  • 元好問 … 1190~1257。金の詩人。太原府きんしゅう秀容県(山西省忻州市)の人。あざなゆう、号はざん。興定五(1221)年、進士に及第。正大元(1224)年、詞科に及第。地方官を歴任したが、天興二(1233)年、蒙古軍により国都汴京べんけい(河南省開封かいほう市)が陥落。翌年、金が滅亡。その後、元には仕官せず、亡国の民となって華北各地を遊歴した。金代の詩の総集『中州集』を編纂。詩文集『遺山先生文集』四十巻がある。ウィキペディア【元好問】参照。
一語天然萬古新
いち 天然てんねん ばんあらたなり
  • 一語 … 一つひとつの言葉。どの言葉をとっても。
  • 天然 … 自然である。技巧的・人工的でない。
  • 万古新 … 永遠に新鮮である。
豪華落盡見眞淳
ごう くして しんじゅんあらわる
  • 豪華 … 華美な文飾。
  • 落尽 … すっかり削げ落とす。
  • 真淳 … 純粋で素朴なこと。純朴。
  • 見 … 現れる。「現」と同じ。
南窗白日羲皇上
南窓なんそう白日はくじつ こうかみ
  • 南窓 … 南側の窓辺。
  • 白日 … 真昼。
  • 羲皇 … 古代の伝説上の帝王、ふくを指す。ウィキペディア【伏羲】参照。
  • 上 … それ以前。
  • 南窓白日羲皇上 … 陶淵明の遺言書「げんあたうる」(與子儼等疏)に「五六月中、北窓のもとして、涼風のしばらく至るに遇い、みずかおもえらく是れこうじょうの人なりと」(五六月中、北窗下臥、遇涼風暫至、自謂是羲皇上人)とあるのに基づく。ウィキソース「與子儼等疏」参照。
未害淵明是晉人
いまそこなわず 淵明えんめい晋人しんひとなるを
  • 未害 … 損なわない。妨げない。
  • 淵明 … 365~427。東晋の詩人、陶淵明。ウィキペディア【陶淵明】参照。
  • 晋人 … 晋の人。国の下に「人」がつく場合は「じん」とは読まず、「ひと」と読む慣習がある。
  • 未害淵明是晋人 … 陶淵明が太古の時代を慕い、その時代の人間になったような気分でいても、淵明はどこまでも晋の人であることを妨げるものではない(矛盾しない)。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行