>   漢詩   >   歴代詩選:金   >   岐陽三首 其二(元好問)

岐陽三首 其二(元好問)

岐陽三首 其二
よう三首さんしゅ
げん好問こうもん     
  • 〔出典〕 『遺山先生文集』巻八(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言律詩。横・京・聲・城・兵(平声庚韻)。
  • ウィキソース「岐陽三首」参照。
  • 岐陽 … ほうしょう府(陝西省鳳翔県)の別名。隋の時、岐陽宮があったことからいう。正大八(1231)年、元好問は南陽(河南省南陽市)の県令であったが、四月に蒙古軍により鳳翔府が陥落。その住民がすべて虐殺された。この詩は、その知らせを聞いて悲痛の思いで作ったもの。杜甫の詩「行在所に達するを喜ぶ三首 其一」(喜達行在所三首 其一)の「西のかた岐陽の信をおもう」(西憶岐陽信)とあるのを踏まえる。作者四十二歳の作。三首連作の二番目。
  • 元好問 … 1190~1257。金の詩人。太原府きんしゅう秀容県(山西省忻州市)の人。あざなゆう、号はざん。興定五(1221)年、進士に及第。正大元(1224)年、詞科に及第。地方官を歴任したが、天興二(1233)年、蒙古軍により国都汴京べんけい(河南省開封かいほう市)が陥落。翌年、金が滅亡。その後、元には仕官せず、亡国の民となって華北各地を遊歴した。金代の詩の総集『中州集』を編纂。詩文集『遺山先生文集』四十巻がある。ウィキペディア【元好問】参照。
百二關河草不橫
ひゃくかん くさ よこたわらず
  • 百二関河 … 要害堅固な秦の地。「百二」は二万の兵力で百万の敵に勝つことができる要害の地。敵の百分の二の軍勢で守りとおせる要害の地。「関河」は函谷関と黄河。秦の地に入るには必ずどちらかを通らないと入れない。
  • 草不横 … 草もはびこらない。草一本生えない。
十年戎馬暗秦京
じゅうねんじゅう 秦京しんけい くら
  • 十年 … 十年、または長い間。
  • 戎馬 … 戦争に使う馬。軍馬。転じて、戦乱。
  • 秦京 … 秦の都、咸陽かんよう(陝西省咸陽市)のこと。『漢語大詞典』には「指秦国首都咸阳」とある。「京」は国都。『中国詩人選集二集9 元好問』(岩波書店、昭和38年)に「長安(今の陝西省西安市)のこと」とあるのは誤り。長安は咸陽の南郊に位置し、劉邦によって前漢の首都となった。ウィキペディア【咸陽市】参照。
  • 暗 … 暗澹としている。陰惨な空気が漂っている。
岐陽西望無來信
よう 西望せいぼうするも 来信らいしん
  • 西望 … はるか西の方を望み見る。
  • 無来信 … 便りがない。上記、杜甫の「西のかた岐陽の信をおもう」(西憶岐陽信)を踏まえる。
隴水東流聞哭聲
隴水ろうすい とうりゅうして 哭声こくせい
  • 隴水 … 秦の西方一帯を流れる川。「隴」は今の甘粛省東南部地方を指す。
  • 東流 … 東へそそぐ。
  • 哭声 … 大声でなく声。慟哭の声。
野蔓有情縈戰骨
つるじょうりて 戦骨せんこつまと
  • 野蔓 … 野にはびこる蔓草つるくさ
  • 有情 … 憐れみの心があるかのように。
  • 戦骨 …戦場の人骨。
  • 縈 … まつわり付く。巻き付く。
殘陽何意照空城
残陽ざんようなんか くうじょうらす
  • 残陽 … 夕日。
  • 何意 … どういうつもりか。どんな心でか。
  • 空城 … ひとのない城市。空っぽの街。
從誰細向蒼蒼問
たれしたがいて こまかに蒼蒼そうそうむかいてわん
  • 従誰 … 誰に頼って。誰を頼りにして。誰にすがって。
  • 細 … こと細かく。詳しく。つぶさに。
  • 蒼蒼 … 天を指す。青々と広がる天。蒼天。『荘子』逍遥遊篇に「天の蒼蒼たるは、其れ正色か」(天之蒼蒼、其正色邪)とある。
爭遣蚩尤作五兵
いかでか ゆうをして へいつくらしめしやと
  • 争 … 「いかでか」と読み、「どうして」「なぜ」と訳す。疑問・反語を表す助詞。
  • 蚩尤 … 古代神話の人物。兵乱を好み、初めて武器を作ったという。黄帝と争い滅ぼされた。ウィキペディア【蚩尤】参照。
  • 五兵 … 五種類の武器。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行