>   漢詩   >   歴代詩選:後漢   >   去者日以疎(古詩十九首 其十四)

去者日以疎(古詩十九首 其十四)

去者日以疎
もの日〻ひびもっうと
古詩こし十九じゅうきゅうしゅ じゅう
  • 〔出典〕 『文選』巻二十九、『先秦漢魏晋南北朝詩』漢詩巻十二、『古詩源』巻四 漢詩、『古詩賞析』巻四 漢詩、他
  • 五言古詩。親(平声真韻)、墳(平声文韻)、薪・人・因(平声真韻)通押。
  • ウィキソース「去者日以疎」参照。
  • この詩は、異郷にあって古い墓を見て無常を感じ、帰郷の念にかられた様子を詠んだもの。
  • 古詩十九首 … 『文選』巻二十九、雑詩の中に作者不詳として収められている五言古詩十九首のこと。前漢から後漢にかけて作られた作品。ウィキペディア【古詩十九首】参照。
去者日以疎
もの日〻ひびもっうと
  • 去者 … 主に「死んだ人」という解釈と、「去って行った人」という解釈とがある。ここでは「死者も含めて去って行った人」と解釈したい。
  • 日以 … 日ごとに。
  • 疎 … 気持ちが離れて忘れられる。
來者日以親
きたもの日〻ひびもっした
  • 来者 … 身近にやって来た人。やって来て接する人。
  • 来 … 『李善注文選』では「生」に作る。この場合は、生きている人。
  • 親 … 親しくなる。親しみが増す。
出郭門直視
郭門かくもんでてちょくすれば
  • 郭門 … 町はずれにある城郭の門。「郭」は町の周囲を囲む城壁。
  • 直視 … まっすぐに見つめること。じっと見ること。
但見丘與墳
きゅうふんとを
  • 但 … 「ただ」と読み、「ただ~だけ」と訳す。限定の意を示す。
  • 丘 … 大きな墳墓。墓のある丘。「邱」に作るテキストもある。
  • 墳 … 土を丸く盛り上げて作った小さな墓。
  • 与 … 「と」と読み、「~と」と訳す。「A与B」の場合は、「AとB」と読む。「與」は「与」の旧字体。
古墓犁爲田
古墓こぼかれて
  • 古墓 … 古くなった墓地。
  • 犁 … 耕す。「犁」は、すき。土をおこす農具。すきで耕すこと。
  • 田 … 平らにならした耕地。耕作地。「田んぼ」「畑」ともに「田」という。
松柏摧爲薪
しょうはくくだかれてたきぎ
  • 松柏 … 松と柏(コノテガシワ)。墓地に植えられる木。「コノテガシワ」については、ウィキペディア【コノテガシワ】参照。
  • 摧 … 切り倒される。伐採される。
白楊多悲風
白楊はくよう ふうおお
  • 白楊 … はこやなぎ。ヤナギ科の落葉高木。墓地によく植えられた。ウィキペディア【ヤマナラシ】参照。
  • 悲風 … 物悲しく感じられる秋風。
蕭蕭愁殺人
蕭蕭しょうしょうとしてひとしゅうさつ
  • 蕭蕭 … 風が物寂しく吹く様子。
  • 愁殺 … ひどく寂しがらせる。深く悲しませる。「殺」は程度の強いことを示す助辞。
思還故里閭
故里こりりょかえらんとおも
  • 故里閭 … 故郷の村里の入り口の門。転じて、故郷の村里の意。「故里」は故郷。「閭」は村里の入り口の門。また、「もとりょ」と読んでもよい。意味はほぼ同じ。
  • 還 … 故郷の村里に帰る。
欲歸道無因
かえらんとほっすれどもみち
  • 帰 … 上句の「還」と同じ。
  • 無因 … 手立てがない。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行