>   漢詩   >   歴代詩選:南北朝   >   擬詠懐二十七首 其七(庾信)

擬詠懐二十七首 其七(庾信)[北周]

擬詠懷二十七首 其七
詠懐えいかいじゅうしちしゅ しち
しん     
  • 〔出典〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』北周詩巻三、『古詩源』巻十四 宋詩、『庾子山集』巻三、他
  • 五言古詩。過・歌・波・多・河(平声歌韻)。
  • ウィキソース「庾子山集 (四部叢刊本)/卷第三」参照。
  • 擬詠懐 … 阮籍の「詠懐詩」に擬したもの。「詠懐」は胸中に思っている事柄をうたう詩。「擬」は、なぞらえる、よく似せる、模倣するの意であるが、実際は模倣作ではなく、庾信の思いを詠ったもの。
  • 庾信 … 513~581。南北朝時代の文人。南陽郡新野(河南省)の人。あざなは子山。けんの子。初め梁に仕え、のちに西魏・北周に仕えた。駢儷べんれいたいの詩文にすぐれ、じょりょう(507~583)とともに「じょたい」と呼ばれた。『庾子山文集』十六巻がある。ウィキペディア【ユ信】参照。
楡關斷音信
かん 音信おんしん
  • 楡関 … 関所の名。山海関。河北省秦皇島市山海関区にある。ウィキペディア【山海関】参照。なお、ここでは広く国境の関所を指す。
  • 断音信 … 夫の消息が絶えたこと。
漢使絶經過
かん使 けい
  • 漢使 … 漢の使者。故国の使者。
  • 経過 … ある場所を通り過ぎること。往来。
胡笳落淚曲
胡笳こか 落涙らくるいきょく
  • 胡笳 … 北方民族の胡人が吹いたあしの葉の笛。
  • 落涙曲 … 涙を誘う曲調。
羌笛斷腸歌
きょうてき だんちょううた
  • 羌笛 … 羌族の吹く笛。
  • 断腸歌 … はらわたがちぎれるほどの哀切な歌声。
纖腰減束素
繊腰せんよう そくげん
  • 繊腰 … 美人のほっそりした腰。
  • 束素 … 束ねた白絹。女性の細い腰の形容。
  • 減 … ますます細くなる。ますます痩せ細る。
別淚損橫波
別涙べつるい おうそん
  • 別涙 … 別れを惜しんで流す涙。別れの涙。
  • 横波 … 美女の涼しい目元。
  • 損 … 曇る。
恨心終不歇
恨心こんしん ついまず
  • 恨心 … 恨みの心。ここでは嘆き悲しむ心。
  • 不歇 … まない。
紅顔無復多
紅顔こうがん おおきこと
  • 紅顔 … 若く美しい顔。
  • 無復多 … もはや長くは続きますまい。
  • 無復 … 「また~なし」と読み、「もう二度と~しない」と訳す。部分否定。「不復」と同じ。
枯木期塡海
ぼく うみうずめんことを
  • 枯木期塡海 … 『山海せんがいきょう』北山経に見える故事に基づく。炎帝の娘のじょが、あるとき東海で溺死してしまい、その恨みを晴らすために精衛せいえいという鳥に姿を変え、西山の木や石をくわえて運び、海を埋めようとしたという。叶わぬ望みの喩え。原文は「炎帝の少女、名をじょと曰う、女娃東海に游び、溺れて返らず、故に精衛せいえいと為り、常に西山の木石をくわえて、以て東海をうめる」(炎帝之少女、名曰女娃、女娃游于東海、溺而不返、故爲精衞、常銜西山之木石、以堙于東海)。ウィキソース「山海經/北山經」参照。
靑山望斷河
青山せいざん かわたんことをのぞ
  • 青山望断河 … 青い山を崩して黄河をせき止めることを願う。「河」は黄河。夫の帰りを待つ妻の、叶わぬ望みの喩え。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行